<< ごらぁ権力!ごらぁ経団連! | main | 菅原小春が最高 >>

加計学園と今後の政治日程に注目!

寝不足が…3周半ぐらいまわってどこまで来たのかよくわかんなくなってきた。

今朝までメタリカスレイヤー聞きながら仕事してたんだけど、

午後から三浦大知にもどる。ゴールが見えて来たのでね。

ていうか、これ仕上げたら、三浦大知のライブに行くんだよ。泊りがけで。

 

 

総選挙翌日に認可答申がなされるというウワサのあった加計学園。

どうやら予定が狂ったようで、林文科相は…

 

「先日の台風の影響によりまして、予定しておりました会議が開催

できなかった。委員の皆さまの日程等の都合もあって、11月の前半

に答申される見込みと聞いております」

 

なんと!

加計学園認可の延期は、安倍首相への忖度ではなく、台風の被害
なのだそうだ。

具体的にどんな影響を受けたのか、文科省に問うと…

 

「審議中の情報なので、大臣が述べた以上の詳細はお答えできません。

何号の台風被害かも教えられません」

 

何号の台風で会議が延期になったのかも秘密なんだそうだ。

 

そんな加計学園、どうやら、11月10日に認可答申が出される見通し

という情報がある。

 

<今後の政治日程>

11月1日:特別国会召集

5・6・7日:トランプ大統領来日

8日:特別国会閉会予定(与党側の意向)

10日:加計学園認可答申?

10日から14日:安倍首相、APEC、ASEAN首脳会議でベトナム、フィリピンへ

 

野党側は8日の閉会について反発している。当然だ。

日程を眺めただけでも、本当に「謙虚に、丁寧に」説明する気があるのか、

まったく疑わしい。

国会を閉会するなり答申を出すのか、

答申を出しておきながら、安倍首相本人は日本から離れてしまうのか。

政治・社会問題 | - | -