<< ダメ、ゼッタイ。「記憶にない」の濫用はキケンです。 | main | 朝日新聞の「マフィア化する政治」がおもしろかった >>

多数派について得しろと言われる時代

民進党の福山哲郎議員、共産党の小池晃議員が、がんばって
加計学園問題で、安倍首相と菅官房長官を攻めているけれど、
6月の蒸し暑さのためか、共謀罪の強行採決を見た直後だからか、
国会中継を見ている意味があるのかどうかわからなくなってきて
しまった。今日は6時出発だから、それまでは見るけど。
籠池証人喚問もそうだったけど、前川さんへの公然たる人格攻撃、
一体なんのためにやったんだよな…。
とんでもない人権問題が起きてると思うよ???

6月11日のゴー宣道場、山尾志桜里議員と馬淵澄夫議員が、

ゲスト登壇された回の議論では、

 

 

馬淵澄夫議員が、女性宮家創設について、
付帯決議では「施行後すみやかに」という文言になったものの、
水面下での3日3晩かけた交渉と議論の末に、菅官房長官から、
「法の施行にむけて検討するという3文字を入れた答弁を得た
という話をしてくださった。
なるほど、と思った。
やはり、そうやって地道な攻防を積み重ねて、国会の場で答弁を
得て、「議事録」にその文言を残すことが重要で、次代の方向性
を一歩ずつ決めていくことに繋がっているのだなと。

共謀罪(だけじゃないけど)は、その過程を経ないために、
あべこべ・むちゃくちゃなまま、最後の法務委員会を飛ばして、
会期に間に合うようにいきなり本会議での採決に持ち込んだわけ
だから、安倍政権とそこに従属する議員は、
「国会で議論の必要なし、反対する国民の声は聞く必要なし、
禁じ手でもなんでも使って、数の力で採決して構わない」

という姿勢に賛成し、国会を殺してしまった。

支持率の大きいほうにつけよ、と。
多数派につけば得する世の中を見せてやる、と。
権力側についていれば、それが正義なんだぞ、なにも考える必要はない、と。


これ、知人から送られてきたんだけど、
大正14年3月7日と8日の朝日新聞の見出しだって。
つい最近の見出しとそっくりだよ。

 

 

日誌 | - | -