<< 号外配信 | main | さくら写真平成29年 >>

暴挙!森友問題質問したら強行採決!

政権与党の高慢さに腹が立って仕方がない。

今日12日は、午前中に厚生労働委員会が行われ、9時から10時半頃まで、安倍首相が出席していた。
そのため、民進党の柚木議員が事前に通告していた介護保険法に関する質問の冒頭に、2点、森友学園の問題にふれ、安倍首相を名指しして、
「世論調査では、いまの政府の説明では納得できないとする結果、昭恵夫人を証人喚問するべきだという結果が多いがどう考えるのか?」
という質問をぶつけた。厚生委では、これまで森友学園の認可や虐待問題について議題に上がってきからだ。

ところが、安倍首相は、にやにやと笑いをまじえながら、


「それはNHKの世論調査のことだと思うが、調査では内閣支持率は53%、民進党の支持率も、ご承知の通り」

などと自信満々のドヤ顔で言って誠実に答えようとしなかった。
衆議院の動画に残っているからその様子を見てみるといい。

柚木議員は
「財務省のデータが復元可能性があるとされている。復元して公表することについて、難しいことではないので総理として国民のために一言だけ答えて欲しい」
と食い下がったが、与党から「はよ質問せい!」などヤジが飛び、中断。委員長からも「質問は議題の範囲内で」と制されてしまった。

議員には質問権があるし、議題とは違う一般質問をすることもよくあることだ。
しかし、安倍首相への答弁を求める質問は、委員長に再三静止され、柚木議員は諦め、その後は、介護保険法に関する質疑が順次行われた。ところが、10時半で安倍首相が退室すると同時に、突如1時間以上に渡るイレギュラーな休憩に突入。

自民党の田村筆頭理事が、柚木議員の質問に激怒して委員会をストップさせたのだ。
そしてこの休憩中、なんと
「森友問題を質問したから、介護保険法改正を今日強行採決する」
と提案してきたという。

安倍首相に森友問題を質問したから、ブチ切れて、介護保険法改正の強行採決を行う!?

 

「安倍首相を侮辱したから証人喚問」とまったく同じ!!
一体ナニサマなのか!?

森友学園問題は国家システムの私有化、権力の肥大化を憚ることなく、天皇陛下のお気持ちすら踏みにじるような政権の危険性とつながる非常に重要な問題だから、決して下火にしてはならないし、介護保険法だって、高齢化や自殺者の問題をきっちりと権力が把握して当然のことながら、審議してから採決に至らなければならない。

結局、介護保険法は「民進党の柚木議員が安倍首相に森友問題を質問したから」という理由で、自民党が採決を求める動議を提出、強行採決されてしまった。
日本は恐ろしい独裁国家に成り下がってしまった。


先日アップされた小林よしのり先生との動画「アッキード事件の真相」は、47000回強も再生されているそうだ。
https://www.youtube.com/watch?v=sz9f_6Yxg0I
テレビ報道が下火になってしまっているが、やはり人々の関心は高く、真相解明するべきという声のほうが圧倒的に多い。
メディアは「飽きたら終わり」にするのでなく、もっと徹底追及すべきではないか?
この日本の安倍独裁状態にについて、もっと解説し、警笛を鳴らすのがジャーナリズムの指名ではないだろうか?


 

政治・社会問題 | - | -