<< 生物学的年齢より精神年齢が退行してるって | main | 「若者の車ばなれ」 >>

原稿締め切りはじめ、合気道稽古はじめ

ライジングの締め切りを終わらせてから、合気道の稽古はじめだった。
寒いとケガをしやすいので、暖房を入れてあたたまっているんだけど、おかげで逆に夏場より汗をかいて、最後のほうは扇風機を回してちょうどよかった。

でも、たった二週間あいただけなのに、左肩の関節が凝り固まっているのがわかって驚いた。上達してきたので、先生が今までよりも強く関節をきめるようになったのかと思ったんだけど、
「ちがうよ、あなたが巻き肩になって関節がうっ血してるからだよ」
と。
うっ血した肩は死んでいるも同然だ、と言われたので、あしたから、肩のストレッチをすることにした。

・・・そっか、合気道やってるからかなあ、このごろお酒に弱くなったような気がするんだよね。全体の血流が良くなってるのかもしれん。頭に血が上るのも早くなったよーな気がするけど。

ライジングの連載、明日配信は、小説「わたくしのひとたち」
薄井沙智子の母子家庭支援シリーズ。
貧困家庭が、どういうわけかイタリアンバル化する不思議な現象をお楽しみ下さい。基本的にこのシリーズはすべて実体験です。
縮小社会のなかで、どこにでも「いらない物」が溢れかえってもいるんだよね。スマホでも、テレビCMをやるほど「フリマ」のアプリが流行って、使いかけのブランド化粧品が数百円で取引されているような時代だもんなあ…。

合気道 | - | -