<< マリオにおどろく | main | 日本人は生死の議論ができるのかな >>

朝日新聞皇室担当・岩井克己氏は反天皇の極左

今朝(9/18)の朝日新聞朝刊、4面と5面「天皇と象徴を考える」という特集
に登場し、男系固執派と同じ主張を展開する「朝日新聞皇室担当特別嘱託」の

岩井克己氏は、長年、皇室担当記者でありながら、反天皇の思想を持つ極左の

人物です。

平成20年には、皇太子殿下ご臨席の北京五輪選手団結団式・壮行会で、
国歌斉唱のため、司会者から起立を促された際、全員が一斉に立ち上がる
なか、一人だけ足を組んで座ったまま、堂々と「君が代拒否」の姿勢を見せ、
週刊誌にも取り上げられています。


週刊新潮 平成20年8月7日号



この記事にも書かれていますが、岩井克己氏は、皇室関連の様々な
スクープを打ってきました。もっとも大きな事件となったのは、平成11年、
「雅子妃殿下ご懐妊の兆候」スクープです。


まだ妊娠の超初期段階、慎重に慎重を要する時期であったにも関わらず、
朝日新聞一面トップでこのスクープが大々的に打たれてしまい、
宮内庁と東宮職は過熱報道の自粛を要請したものの、世間は
先走って
お祝いムードに溢れてしまいました。

しかし、その後、稽留流産されたことが発覚。
ただでさえ重圧のかかる「皇太子妃としての出産」というプレッシャーを
背負われていた雅子妃殿下を、さらに精神的に追い詰める結果となって
しまったのです。

この時のことを、岩井氏は自身の著書『天皇家の宿題 』でこう書いています。

 

妊娠のごく初期であり、女性の身体のことをあからさまに書くわけにはいきません。私は、「雅子さま 懐妊の兆候」という40行だけの、新聞の一面トップとしては非常に短い記事を出稿しました。
(中略)
翌朝、世間は大騒ぎになりました。ニュースは大変な驚きをもって迎えられ、そしてすさまじい報道の洪水が始まりました。各社懸命に追いかけて、私が書くのを控えたことも次々に報道されました。NHKは出産予定日も報じました。そして「おめでとう」の大合唱です。
(中略)
ところが、12月13日のエコー(超音波)検査では、赤ちゃんの心拍は確認されませんでした。懐妊はしているとしても確かな状態ではないということで、発表は見送られました。
(中略)
とても悲しい事態になってしまいました。「医学的に確実でないのに、大々的に報道したことが本人にとって大変なプレッシャーになった」。宮内庁はそう言って報道陣を攻撃しました。中でも引き金を引いた朝日が一番悪い、朝日は報道のストレスで流産した責任をどうとるのか、とまで言われたのです。
(中略)
しかし、結果としては皇太子、雅子妃に大きなプレッシャーを与えてしまったと痛切な反省が残りました。悪意など全くなく、さぞやご本人も楽しみにしており、国民と喜びを共有できるだろうと思ったのですが。

 


岩井克己氏の主張は、

「あくまでも善意で、しかも40行だけの短い記事だったのに、
なんだか世の中が過熱して、勝手にお祝いムードになるから、

僕が悪いことになってしまった」という言い方。
雅子妃殿下の状態を推し量る気持ちなどどこにもありません。
しかも、この章の最後には、翌年の記者会見で雅子妃殿下が関係者への感謝の念
を述べられ、笑顔で岩井氏に話しかけられたことを取り上げて、


 

(雅子妃殿下が)痛手から立ち治りつつあることがうかがえ、「許します」というサインのように感じてうれしく思ったことを覚えています。



などと、悪びれもせず自己都合で解釈し、「そんなこともあった」かのように

軽くまとめてしまっているのです。
そもそもこの本は、自分がいかに皇室をよく知っており、プライベートの情報も

知っているかという語り口でありながら、「天皇が」「皇后が」「皇太子は」と

意図的に敬称を略した呼び捨て感覚で書かれており、見え透いた悪意が充満して

いる一冊です。

自分が新聞記者として大スクープを打てさえすればよい、皇室などスクープの

材料にすぎない、必ず大スクープになるからホクホクだ。そのために皇室の方々

が傷つこうと、滅びようとかまわない、それが岩井克己氏の正体です。


朝日新聞皇室担当特別嘱託の岩井克己氏は、一見、丁重な語り口でありながら、
天皇制がなくなればよいと思っている完全なる極左です。
皇位継承の道筋が先細ればよいと考え、意図的に、男系男子限定派を持ち上げ、
同じ主張をしているのです。

「保守派」とされる男系男子限定派は、極左にまんまと利用されています。

朝日新聞の皇室報道には十分注意しなければなりません。

 

 

 

政治・社会問題 | - | -