<< コロナ禍じゃなくて「コロナ脳禍」 | main | 9月も女性の自殺者が増加してしまった >>

九州が近づいてきた

小林先生との共著の再校ゲラのPDF版のほうがきた。
ありゃ? 第一章、ぎゅうぎゅうに詰め込み過ぎて、
数行、オーバーして入らなくなってるような気が?
気のせいかな。気のせいだ。

 

肺炎治療の流れ、お願いしたようにうまいこと図版を
作ってもらってあって、わかりやすいし、素晴らしい。
各国の感染推移グラフも、どの日にどんな政策や記者会見が
あったのかを調べて追加してもらってあって、すごい。

  

表紙は、先生がブログに書いていた逆焼きのデザインが
断然よかった。
「写っているご本人がよろしければ…」と言われたけど、
そもそも本人は、いつも鏡で自分の姿を見ているから、
逆焼きの顔のほうこそ見慣れていて、違和感ないの。

  

九州行きの準備で、ライジングの原稿早めに書いた。
来週月曜日は午前中のいつもの仕事ができないので、
その分も猛烈にやった。
これで安心して九州ゴー宣道場にのぞめるよ。

  

今日は本当だったら、今頃友達とマッシヴ・アタックの
ライブに行っていて、「あの人が、バンクシーやろ?」とか
言いながら、踊ったり、ウットリしたりして、
ラストに「Unfinished Sympathy」の演奏が始まって、
もう最高にいい気分になっちゃったりして、
終ったあとは久々にノリでクラブに行ってみたりして、
しかしやはり、
「うちら、年齢的に、もうクラブはしんどいな……」
ということになり、新橋で焼肉でも食べながら、
極限まで面白い話をして、友達をひっくり返していたと思う。

  

今月は、なんだか知らないけど私の好きなUKエレクトロが
続々と来日することになっていて、
再来週のケミカル・ブラザーズもチケットとってたんだけどな。
払い戻しDeath! Death Death!!
でも、日本でだったら、できたのになーーー。
いま日本は、清潔で安全だから行ってみたい国ナンバーワンに
なってるんだし、みんなライブできなくて予定開いてるんだから、
アーティスト枠でいろいろ呼んで、日本でライブやればいいのに。
この悶々も、九州での議論にぶつけるぞい!

 

日誌 | - | -