Fela Kuti

アフリカに手を出すと、お金なくなると思ってやめてたんだけど、たまたま聞いてしまった。

これかぁ、昔、ライムスターがカバーしてたやつ。

アフロビート・クラシック、かっこよすぎ。フェラ・クティやっぱり集めたい…。

 

DJ MOKUREN | - | -

vivir lo nuestro

India「vivir lo nuestro」、マークアンソニーとの組み合わせが一番好きかな。

でもこのライブ盤はちょっとテンポが速くて踊りづらい。

 

DJ MOKUREN | - | -

DJ EVENT 3/17sat@新宿URACUE

今週土曜日の夜です。

 

 

■ 3月17日(土)

" BREAK DOWN "
@新宿ゴールデン街 URACUE

 

2018.3.17(sat) 20:00〜5:00

1000yen with 1drink


DJ's: TAZZA, KARIM, MOKUREN, HIROKO,
En Rouyama, Zafarista, MASAKI69, and more

 

URACUE(裏久)

新宿ゴールデン街

東京都新宿区歌舞伎町1-1-7 マルハビル3F

https://www.facebook.com/BarURACUE

 

私はかなり遅い時間の登場ですが、飲み明かしたい方、

これを口実に新宿ゴールデン街に縄張りを広げてみたい方は

どうぞ遊びにきてくださいまし。

 

DJ MOKUREN | - | -

3.3 AiLARA Ladies DJ Night

 

です。ぜひどうぞ。

 

2018.3.3  19:00-26:00

DJ's AYANO, NATACHA, MOKUREN, SONOMI

Info 03-3352-3535

 

DJ MOKUREN | - | -

音楽世界半周の旅…

いつも月曜日は、朝から締め切り原稿にかかりきりで、終わり次第、

合気道の稽古に遅刻気味で飛んでいくのだけど、今日はすごく早く終わった。

月末までに書籍の仕事があるから、それもやらねばだけど、明日の朝に…

 

きのうは神楽坂でDJ。

小生意気にセットリストとか書いちゃうもんね。

しかも余裕こいて音のURLまでリンクつけちゃうもんね。(#原稿やれ)

 

Anosuke、秋ですね


DJ MOKUREN SET LIST 〜音楽世界半周ヒット曲の旅〜

 

Zobi La Mouche - Les Négresses vertes(フランス)

Äppelknyckarjazz - MOVITS! (スウェーデン)
Georgian Lesson - Deladap(チェコ+セルビア+ユーゴ+ボスニア+ロシア+オーストリア)
Palya Bea - Tony Gatlif ("TranSylvania" Soundtrack)(ルーマニア)
Kirmizi Biber - Bendeniz(スイス+トルコ)
Let The Music Play (DJ Lee Remix) - Shamur(イタリア+インド)
Jogi - Panjabi MC (イギリス+インド
The Power Of Bhangra - Snap! vs Motivo (ドイツ+インド)
Baila Baila Comigo - Dominó(ブラジル)
Tic,Tic,Tac - Banda Carrapicho (ブラジル・マナウス)
Yo Viviré (I Will Survive) - Celia Cruz(キューバ→USA)
Bailand (salsa remix) - Amilcar Suarez Y Su Salsa Matriz(キューバ)
Stand By Me(Bachata mix) - Prince Royce(NY)
Party In Miami - Mala Fe(ドミニカ)
Taj Mahal - Salome De Bahia(ブラジル)
Eu Balanço - Jackson Do Pandeiro (Beatfanatic Rework)(ブラジル+スウェーデン)

Ponta de Lança Africano (UMBABARAUMA) - Jorge Ben(ブラジル)
Coco Dub (Aftociberdelia) - Chico Science(ブラジル)
Apache - Incredible Bongo Band (LA)

 

フランスからはじまって、ジプシー音楽のヒット曲でヨーロッパ旅して、

スイス+トルコでアラビックに来て、インド、バングラビート(Panjabi MC)

ラテンに入って、サルサ。

ちょっと時代に媚びたバチャータ(Prince Royce)からメレンゲ、

力技でブラジルに飛んで、「Taj Mahal」からジョルジ・ベンつながりでサンバ、

勢いでマンギビート(Chico Science)。

 

二回目があったらアフリカぐるぐる回ってアフロビートのヒットチャート

かけまくりたかった。

マンギビート、久々にもうちょっと聞きたいなあ。

 

 

 

マリッジブルーの20代女子の悩みを聞いて過ごした夜であつた。

 

DJ MOKUREN | - | -

10月15日(日)19時神楽坂

明日10月15日(日)は19時から神楽坂ノートルミュージックでDJやります。

私は22時くらいから1時間くらい。

お時間あればどうぞ遊びに!

 

 

2017.10.15(日)19:00〜

1500yen/1drink

神楽坂 NOTRE MUSIQUE

「松岡、ノートルやめるってよ」

 

ノイズスナックNOTRE MUSIQUE

〒162-0808 東京都新宿区天神町22-5
Tel: 03-6280-8415

http://notremusique.net/

 

DJ MOKUREN | - | -

10.15 神楽坂 NOTRE MUSIQUE

このごろ夜中ものすごい勢いで原稿書かなきゃいけないので、夜業がすっかり苦手になってさ。0時まわったら家帰りたい症状。

おまけに、めちゃくちゃストレスたまってるから、家では仕事中、ヘッドフォンして、マキシマムザホルモンZAZENBOYZ聴きまくってるんだけど…。

どうも、ラテンDJです。サルサ、バチャータ、ブラジルからインド、ジプシー音楽まで収集してます。

久々にゲストでまわします。

 

 

2017.10.15(日)19:00〜

1500yen/1drink

神楽坂 NOTRE MUSIQUE

「松岡、ノートルやめるってよ」

 

ノイズスナックNOTRE MUSIQUE

〒162-0808 東京都新宿区天神町22-5
Tel: 03-6280-8415

http://notremusique.net/

 

神楽坂ノートルミュージックの店主、松岡さんにはアイララには来ていただいたものの、とうとうオープンされたお店には行けずじまいで、噂ばかりかねがねだった。しかも、閉店が決まってのイベントにDJで呼んでいただくという…か、かなしいけど、明るくやるわよ。

なんとなくだけど、ネグレスベルト、かけたい。

 

 

 

ところで、ノートルミュージックのイベント主催は、Anosukeくんなんだけど、彼とは、いつの頃から仲良くなったんでしたっけね?

たしか、歌舞伎町の風林会館のそばのビルとビルの隙間のしょんべん臭い一角で、「バー木蘭」をやっていたとき、はじめて来てくれて以来だったと思うけど。『hon-nin』での連載読んでくれていたんだっけか。

 

●「Bar 木蘭」、超絶におもしろかったな。

もう何年たつのか忘れたけど…7〜8年前? よくあんなことやってたよ。

生活保護の男には飲み逃げされるわ、次から次とAV監督ばっかり飲みにくるわ、ブレーカー落ちて停電したと思ったら、発狂して便所からうんこしながら飛び出してくる奴は現れるわ、会田誠さんは現れるわ、超楽しく盛り上がってる時に、裁判所で別れた以来会ってなかった元旦那が予告なしに現れて空気凍るわ・・・とてもじゃないが、小説にでもしないと書けないことも、いろいろあったね。

実は、その頃の写真がバックアップされていたことが発覚したから、ちょっとずつ選んで、今後、ときどき過去日記「バー木蘭物語」として書いていこうと思っている。

 

かつて実在した濃厚すぎるショットバー

歌舞伎町一丁目「バー木蘭」

 


↑こんな画像も残っていた

 

これが店の前。歌舞伎町に残るバラック飲み屋たち。

 

DJ MOKUREN | - | -

バングラ・ビート

このごろラテン音楽に飽きてきて、あまり新しいサルサも仕入れてなくて。

かと言ってトルコ・アラビックも店で聞きすぎたし、バルカン・ビートも店で

かけすぎて聞き疲れてきたし…って感じで、しばらくつまらなかったんだけど、

突如、マイブームになってるのが、バングラ・ビート。

 

インド・パキスタンの民族音楽バングラ×EDMという感じ。

バングラって、「てんけてんけてんけてんけ…」っていう独特の弦の音が特徴

なんだけど、あれ、トゥンビっていう楽器だったらしい。

 

 

たまらなく好きな音なんだよね。自分の出囃子にしたい。

この曲の冒頭に入るのがトゥンビの音。

 

 

っていうか、このPVのダサさはなんなんだ。

やたら多用されるオシャレ感の出し切れてないズームインが、内田裕也の

ニューイヤー・ロック・フェスでの単純すぎて笑えてくるビデオエフェクト

を彷彿とさせて気になりすぎる。

ボリウッド・テクノとかもそうだけど、インド系のPVってなんの意味もなさ

そうだけど、とりあえず女の子は絶対美女だし、みんな踊ってて、なんだか

わからないけどエンタメしてるなあ…って感じで納得するのがすごいわ。

 

バングラビートのオムニバスをいろいろ買ってみたんだけど、ハマったのは

パンジャービーMC

http://www.pmcrecords.com/

 

もっと早く知ってたらよかったな。

特にこの"Jogi"って曲はたまらないよぉ。

往年のヒップホップ感が入ってて、ローカル感がっちり残ってて、ダサくって、

まもなく40代の私にものすごく響くのだった。ヘビロテ中。

 

 

こっちはインド人歌手、ミス・プ―ジャ

インドの音って女性の高い声のボーカルが合うよね。

テンションたっかいし、夜中にかけたら、わけもわからず全員仲良くなりそう。

 

 

DJ MOKUREN | - | -

クンビア・ペルアーナ:Grupo Nectar "Pecadora"

クンビア・ペルアーナの名曲をご紹介。

クンビアは、もともとコロンビアに連れてこられたアフロ系の奴隷たちを

発祥とする4分の2拍子のリズム音楽で、スペイン語圏を席巻。

もともとは、奴隷たちが自分たちの精神を宗教儀式として伝える目的が

乗っている音楽だったようで、ずーっと聞いているとなんだか異世界へ

ふぅっと入りそうな気分になるという…。

 

そんなクンビアのなかでも、特にペルーの大スターによる名曲。

アイララで教わった、ペルー人の男の子がいたらとりあえずかけてしまう

一曲であり、まず「わお、ペルーの曲だよこれ!」と盛り上がる一曲です。

 

 Grupo Néctar  "Pecadora"

 

 

Pescadora は、「罪びと」と訳すのがよさそう。

「娼婦」「尻軽」といった意味もあるようだけど、

この歌に関しては、お色気ムンムンで男を誘うイケナイ人妻に、

本気で恋をしてしまった青年の狂おしく切なく恋い焦がれる想いが

歌われているから、『ああ、罪なひとよ…』って感じが、この曲の

哀愁のメロディに合うかもしれないな。

(日本人としては、どうしてもエロさより情緒を詩にしたいという…)

 

 

しかし、悲しいことにこの切ない名曲を産んだ Grupo Néctar

もうこの世にいません。大昔のグループじゃないよ。

メンバー13人全員が、ツアー中にバス事故でいっぺんに亡くなって

しまったんです。衝撃的すぎる大事件です。

だから、もうこのグループの新曲は聞けません。

 

Pecadora

 

切なさ漂うハイトーンボイスは、Jhonny Orosco

現在は、彼の息子さん、Deyvis Orosco が新世代のスターとして

活躍しているようです。

あまりにも偉大なお父さんだったため、最初は大変だったようですが

がんばって欲しいな。

 


 

DJ MOKUREN | - | -

名曲サルサ "Persona Ideal"

名曲サルサ

 

Adolescentes Orquestra "Persona Ideal"

 

サルサはやっぱり自分が踊りたくなる曲をかけたいな。

かなりの名曲率を誇るアドレセンテス・オルケストラ。

ベネズエラの大スターですが、現在はメンバーがかなり入れ替わって

ボーカルも違う人なのよね。

私はやっぱりこの時の歌声かなぁ…。

とにかく情熱と哀愁のサルサロマンティカ、たまりません。

サルサ場でこのイントロが入ると、俄然テンション上がって、

みんながあわあわ「誰か踊ってくれる人探さないと…」と一斉に立ち

上がってしまう一曲。

 

そういや最近、DJのほうばっかりでサルサ踊ってないなぁ。

 

 

Persona Ideal

 

DJ MOKUREN | - | -