バングラ・ビート

このごろラテン音楽に飽きてきて、あまり新しいサルサも仕入れてなくて。

かと言ってトルコ・アラビックも店で聞きすぎたし、バルカン・ビートも店で

かけすぎて聞き疲れてきたし…って感じで、しばらくつまらなかったんだけど、

突如、マイブームになってるのが、バングラ・ビート。

 

インド・パキスタンの民族音楽バングラ×EDMという感じ。

バングラって、「てんけてんけてんけてんけ…」っていう独特の弦の音が特徴

なんだけど、あれ、トゥンビっていう楽器だったらしい。

 

 

たまらなく好きな音なんだよね。自分の出囃子にしたい。

この曲の冒頭に入るのがトゥンビの音。

 

 

っていうか、このPVのダサさはなんなんだ。

やたら多用されるオシャレ感の出し切れてないズームインが、内田裕也の

ニューイヤー・ロック・フェスでの単純すぎて笑えてくるビデオエフェクト

を彷彿とさせて気になりすぎる。

ボリウッド・テクノとかもそうだけど、インド系のPVってなんの意味もなさ

そうだけど、とりあえず女の子は絶対美女だし、みんな踊ってて、なんだか

わからないけどエンタメしてるなあ…って感じで納得するのがすごいわ。

 

バングラビートのオムニバスをいろいろ買ってみたんだけど、ハマったのは

パンジャービーMC

http://www.pmcrecords.com/

 

もっと早く知ってたらよかったな。

特にこの"Jogi"って曲はたまらないよぉ。

往年のヒップホップ感が入ってて、ローカル感がっちり残ってて、ダサくって、

まもなく40代の私にものすごく響くのだった。ヘビロテ中。

 

 

こっちはインド人歌手、ミス・プ―ジャ

インドの音って女性の高い声のボーカルが合うよね。

テンションたっかいし、夜中にかけたら、わけもわからず全員仲良くなりそう。

 

 

DJ MOKUREN | - | -

クンビア・ペルアーナ:Grupo Nectar "Pecadora"

クンビア・ペルアーナの名曲をご紹介。

クンビアは、もともとコロンビアに連れてこられたアフロ系の奴隷たちを

発祥とする4分の2拍子のリズム音楽で、スペイン語圏を席巻。

もともとは、奴隷たちが自分たちの精神を宗教儀式として伝える目的が

乗っている音楽だったようで、ずーっと聞いているとなんだか異世界へ

ふぅっと入りそうな気分になるという…。

 

そんなクンビアのなかでも、特にペルーの大スターによる名曲。

アイララで教わった、ペルー人の男の子がいたらとりあえずかけてしまう

一曲であり、まず「わお、ペルーの曲だよこれ!」と盛り上がる一曲です。

 

 Grupo Néctar  "Pecadora"

 

 

Pescadora は、「罪びと」と訳すのがよさそう。

「娼婦」「尻軽」といった意味もあるようだけど、

この歌に関しては、お色気ムンムンで男を誘うイケナイ人妻に、

本気で恋をしてしまった青年の狂おしく切なく恋い焦がれる想いが

歌われているから、『ああ、罪なひとよ…』って感じが、この曲の

哀愁のメロディに合うかもしれないな。

(日本人としては、どうしてもエロさより情緒を詩にしたいという…)

 

 

しかし、悲しいことにこの切ない名曲を産んだ Grupo Néctar

もうこの世にいません。大昔のグループじゃないよ。

メンバー13人全員が、ツアー中にバス事故でいっぺんに亡くなって

しまったんです。衝撃的すぎる大事件です。

だから、もうこのグループの新曲は聞けません。

 

Pecadora

 

切なさ漂うハイトーンボイスは、Jhonny Orosco

現在は、彼の息子さん、Deyvis Orosco が新世代のスターとして

活躍しているようです。

あまりにも偉大なお父さんだったため、最初は大変だったようですが

がんばって欲しいな。

 


 

DJ MOKUREN | - | -

名曲サルサ "Persona Ideal"

名曲サルサ

 

Adolescentes Orquestra "Persona Ideal"

 

サルサはやっぱり自分が踊りたくなる曲をかけたいな。

かなりの名曲率を誇るアドレセンテス・オルケストラ。

ベネズエラの大スターですが、現在はメンバーがかなり入れ替わって

ボーカルも違う人なのよね。

私はやっぱりこの時の歌声かなぁ…。

とにかく情熱と哀愁のサルサロマンティカ、たまりません。

サルサ場でこのイントロが入ると、俄然テンション上がって、

みんながあわあわ「誰か踊ってくれる人探さないと…」と一斉に立ち

上がってしまう一曲。

 

そういや最近、DJのほうばっかりでサルサ踊ってないなぁ。

 

 

Persona Ideal

 

DJ MOKUREN | - | -

ラテン音楽日記。

ペルーの音楽って掘りはじめると大変なことになっちゃうな。
陽気な南米系や、のんびり海岸系、山岳系、雪山高山系、
かと思えば、もろ砂漠系もあったり。

昨夜は店が大入りでとても忙しかった。
そのなかに南米の若い男の子3人組がいたので、お国はどこかと
聞いたら「ペルー」と。
すかさずママから「もくれん、アレ、一発かけちゃってよ」と、
ペルー人が確実に盛り上がる一曲をしめす指令がきて、かける。
すると、大喜びで気持ちよく歌いながら踊り出してくれたので、
店全体が活気づいた。

その後、そのペルーの男の子たちが「この曲ある?」「これは?」と、
いろんな曲をスマホの画面に表示してリクエストしてくるようになった。
うちは基本的にDJへのリクエストは禁止なんだけど、
昨夜はたまたま私と彼らの趣味が合っていて、持っている曲が多く、
店の雰囲気ともマッチしていたし、悪くない選曲だなあと思ったので、
なるべく応えた。
どんどん楽しそうに踊ってくれるので、おかげで、座って飲んでいた、
本当は自分も踊りたいという様子だったシャイな日本人のお客さん
たちも、一緒になって盛り上がってくれた。

場を盛り上げるには、自分がスターになって空気を作ってぐいぐい
攻めて引っ張るというパターンもあるけど、
誰かが持ち込んだ、強い空気を上手につかんで全体に膨らませる
というパターンもある。

DJについては、後者のパターンのほうが大事だなと思う。
いろんな人の感性と握手できるような、選曲の幅広さを持っている
ほうが間口が広がるし、常連さんも飽きない。
師匠のDJ Kさんは、それをどんな国のどんなタイプの人にも
対応しながらやりこなしてしまう人なんだよね。

だからKさんの選曲を聞きたいという人が集まる。

というわけで、昨夜リクエストに応えられなかったペルーの曲を

探して試聴してたんだけど……。
ペルー音楽、掘れば掘るほど幅が広すぎ。これ、対応していったら、
カネ、なくなるわ……。
30年ぐらいかければ、スーパーばあちゃんラテンDJになれるかな…。

DJ MOKUREN | - | -

6月8日(水)は、DJ MOKUREN 2本立てParty

6月8日(水)は、DJ 木蘭 2本立てで回します!
(1)18:30〜24:00 新宿OPEN ”DJ CLICK来日イベント”!
(2)24:00〜26:00 新宿AiLARA "DJ KOJI Birthday Party"!

2つのお店は歩いて5分ぐらいの距離。
新宿2丁目満喫気分で遊びにきてみてくださいね。




★★★★★
ZTB & RP presents
〜 Master of mixture music 〜
" DJ CLICK " 来日DJイベント!!

  
◆Date:6月8日(水)Wednesday 8th June 2016 
◆Open 18:00 Start 18:30(〜24:00)
◆Charge:1500yen with 1drink
◆Place:新宿OPEN
東京都新宿区新宿2-5-15第一山興ビルB1
Tel: 03-3226-8855
Map→ http://www.tokyo-club.net/reggae-club-open/
  
【Special Guest DJ】
DJ CLICK (from france) 
 http://www.nofridge.com/
  
【Guest DJ】
藤井悟 aka SATOL.F(CARIBBEAN DANDY) 
風祭堅太(GLOCAL RECORDS)
   
【特別友情出演DJ】
DJ Cyco aka Cyril Coppini 
  
【DJ's】
Zafarista(Barubora)
泉美木蘭(AiLARA)
YOHSK(RUM&PUNCH)
MASAKI69(ZTB / EU FEVER)
    
Facebook event page↓
https://www.facebook.com/events/1707022602910497/
   
★★★★★
   
AiLARA
DJ KOJI's Birthday&Gemini's Party〜前夜祭

24:00〜26:00
Charge 1500yen(1ドリンク付)
※この日は双子座の方、お誕生月として2杯目サービスになります。
ぜひご申告を♪
  
AiLARA
新宿区新宿2-15-11 信田ビル1F
03-3352-3535
OPEN19:00〜26:00
https://www.facebook.com/AiLARASAUDADE
DJ MOKUREN | - | -

王様と査察と駐在大使。


48周年にもなるラテンバーで、大量のレコードやCDのなかで
ずーっとずーっと選曲し続けている71歳のDJ Kさん。
この頃、店内のスピーカーの調子がよろしくなく、いいところで
音質がストンと落ちたりする。
この際、思い切って天井裏開けて配線をやり直したほうがいいよと
話していて、Kさんを慕うラテンDJ達が、「喜んで手伝いますよ!」
と声をかけてくれるんだけど、Kさんは頑固一徹、受け付けなかった。

「配線で音質が変化するんだ! この店の音は俺にしかやれない!」

それは、本当にそう。
単純にまっさらにして、ゼロからクリーンな配線を構築してしまったら、
うちの店特有の、ずっと大音量で聞いていても疲れない、ラテンの
生音源に向いた絶妙なサウンドバランスは失われてしまうのです。

ところがKさんも、年齢的に体調次第で出勤できなかったり、
なにぶん古い店なので、やるには結構な覚悟が必要だったり、

作業すると言っても、スピーカー7台に、巨大ウーファー3台、
やはり男手が何人か必要だったりして、なかなか話が進展しない。
私が選曲してるときも、ぼちぼち音が落ちて、変な顔で見られたリする。

「もくれん、Kさんの弟子なんだから、上手に説得してよ」

常連さんたちは言うけれど、音はDJの財産…というか尊厳に触れて
しまうんですよ、71歳の大先輩に向かって、私ごときが進言できるわけ
ないでしょ!
ここは、DJじゃなくて、サウンドシステムの専門家をうまく紹介して、
仲良くなってもらって、作業に入っていくしかない。

というわけで、先日やっと、常連さんが、若いオーディオの専門家を
連れてきてくださって、まずは乾杯するところから始まったのだけど…。

とりあえずどんな機材がブースにあって、どのぐらいの配線が店内に
伸びているのか、実際に見てもらうところからはじまるのかと思ったら、
Kさん、「この若い専門家は、どれほど音がわかってる奴なのか?」
という心理に入ってしまって、なかなかブースのなかに入れようとしない。

店の配線図面を持ってきて、それを広げながら、音のポリシーを語る
ところからはじまったものの、ポリシーがありすぎて、30分経っても
ポリシーが終わらず、一向に進まない。
若い専門家は、人生の先輩の前で、礼儀正しく話を聞き続ける。
店のサウンドをよく知っている紹介者の常連さんは、横について、
Kさんの意向を尊重しながら、オーディオ専門家も立てつつ調整していく。

なんだか、アラブの王様と、査察に訪れた国連、調整役の駐在大使
みたいだった。また、Kさん、この日は中近東の曲かけてるし。
でも、仕方がないんだよね。自分の創り上げた音を、そう簡単に他人に
いじらせるようなDJが、何十年も、ひとつの店を支えることはできない
んだから。

店を仕切る私たち女性陣は、口を出して紛争が起きると良くないので、
少し離れたところから、駐在大使に向かって極秘LINEメッセージを送り、
率直な意向を伝える。

《とりあえずブースに入れて、見てもらって下さいよ!》

〈いや、Kさんが納得しないと〉

《なにを納得しなきゃならないの?》

〈彼が、この店の音を理解しているかどうか、ですね〉

《勢いで中に入れちゃえばなんとかなるのでは?》

〈それは最後です。段階を踏まないと二度と誰も入れなくなるから〉

うーむ。駐在大使、がんばって!


・・・・そして1時間後。

ようやく、駐在大使の見守るなか、Kさんと若い専門家が握手!
やったー!!
アラブの王様は、国連の査察を受け入れることになり、
さあ、じゃあ、さっそく中に入っていただきましょうよ、となったが、
ここで、駐在大使から極秘LINE通信が。

〈とりあえず、今日はお帰りいただいて、来月の金曜日に、
DJブースに入ってもらって、状況確認することになりました〉


来月うううう!? はあああ・・・道のり遠いなぁ・・・。


DJ MOKUREN | - | -

" DJ CLICK " 来日DJイベント

なにぃ!? DJ Clickが来日するって〜!? どこかでDJプレイやるなら行きたいなあ!
…と思ってたら、DJで呼ばれた〜っ!
「Clickに、バルカンビートかける日本人の女の子がいるってのを見せたくて」
う、うれしっす。ぶんぶんかけちゃうよ。

ZTB & RP presents
〜 Master of mixture music 〜

" DJ CLICK " 来日DJイベント!!



6月にTOHOKU REMIXなるClick Here名義のプロジェクトで、
日本の津軽三味線奏者などとレコーディングのために
DJ CLICKが4年ぶりに来日します。
東京に滞在するわずかな期間を利用して
6月8日(水)にDJイベントを開催!!

場所は極上なサウンドシステムを誇る
老舗レゲエクラブ「新宿OPEN」
重低音&ファットな音でワールドミュージック
(Balkan Beats, Arabic, India, Africa, Latin, Reggae, etc)
をブンブン鳴らしますよ〜! Don't miss it !!!
---------------------------------------------------------------------
◆Date:6月8日(水)Wednesday 8th June 2016 
◆Open 18:00 Start 18:30(〜24:00)
◆Charge:1500yen with 1drink
◆Place:新宿OPEN
東京都新宿区新宿2-5-15第一山興ビルB1
Tel: 03-3226-8855
Map→ http://www.geocities.jp/club_open/index/us.html

< Special Guest DJ >
DJ CLICK (from France) 
http://www.nofridge.com/

<Guest DJ >
藤井悟 aka SATOL.F(CARIBBEAN DANDY) 
風祭堅太(GLOCAL RECORDS)

< DJ's >
Zafarista(Barubora)
泉美木蘭(AiLARA)
YOHSK(RUM&PUNCH)
MASAKI69(ZTB / EU FEVER)

--------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------

■ DJ CLICK :biography ■


DJ CLICK(DJ クリック)は、フランスのDJ/トラックメイカーで日本での認知としてはバルカンビート系DJとしての印象が強いかもしれない。2010年作のアルバム「DELHI TO SEVILLA」では広くジプシーの起源とされるインドから中近東、バルカン半島を越えスペインに至った道のりを追いかけ、それを現代的なエレクトロ、Break Beats、DUB STEPの俎上で再構成。
インドのドローン楽器タンプーラとタブラの響き、都市の喧噪をイントロにジプシーマナーな女性ボーカルと哀愁漂うアコーディオンが乗った民族DUB〜ダウンテンポな曲から始まり、ジプシー音楽でも用いられる中近東の打楽器ダラブッカにジプシーヴァイオリン、そして再びタブラが鳴り始め、それがいつの間にか2拍3連のダンスホールレゲエのリディムへ。その後もバルカンビート〜トライバルハウス〜ベリーダンスを自在に横断したりBALKAN BEATS×JUNGLEありetc。ジプシーの辿ったインド〜中近東〜バルカン半島〜西欧〜スペインの道のりを自在に行き来する感覚はインドの都市デリーからスペインの都市セビラというアルバムタイトルの通り。兎に角、一曲一曲が熟れていて、すごく洗練されている。生の楽器とボーカルにプログラミングのビートやベース、サウンドエフェクト、空間処理。これらのバランスが他の数多のBalkan Beats系のTluck Makerとは明らかに異なるのがDJ CLICK持ち味である。
 また、DJ CLICKはアフリカのテクノの第一人者であるマリの Issa Bagayogo とコラボレーションしたり、00年代にバルセロナ・ミクスチャーシーンの一画をになった Ojos de Brojo の DJ Panko や90年代UK ASIAN UNDERGRUNDシーンの中心バンドだった Trans Underground や、電子音学とアラブの弦楽器ウードの融合の可能性を常に模索しトルコのアンダーグラウンドシーンとの関係の深いプロデュサーでもある SMADJ らと共演をして来た。またREMIXを手がけたミュージシャンは日本でも人気の高い Manu Chao 、フランスのアルジェリア系ROCK歌手 Racid Taha 、 トルコのジプシー音楽のマエストロ Burhan Ocal などそうそうたるメンツと共に、バルカンビートという枠だけでは捉えきれないぐらい懐の広い音楽性を持ったDJで、様々な民族音楽との共演をするライブDJとして、活躍の幅を広げている。
DJ MOKUREN | - | -

2016.4.7 19:00Start!!★DJ KOJI & DJ MOKUREN in AiLARA★

★DJ KOJI & DJ木蘭・双子座音遊び★

4月7日(木)19:00〜26:00 @AILARA
Door ¥1500(with 1Drink)




やっと実現!!
DJ KOJIとDJ木蘭…師匠と弟子…この日はアイララのふたご座DJコンビの音遊び!
日本のラテンDJ界の生き字引、もうすぐ71歳のお誕生日を迎えるコージさんとこの夜、選曲させていただきます。
盛り上げますよ! ぜひ遊びにいらしてください。





皆様のお越しをお待ちしております。

アイララ
東京都新宿区新宿2-15-11信田ビル1F
03-3352-3535


DJ MOKUREN | - | -

I'll keep my light in my window


どうも。色気とは無縁の方向へ走り続ける38歳です。
先日のDJイベントで。



この日はアラビックのDJナターシャ、80-90'sポップスのDJミドリと
3人で20分づつぐらいこまめに交代するというやり方で、
いろんなジャンルの曲が入り乱れるのが楽しい、という感じで盛り上がった。

最初はブラジルから出発して南米で回していたんだけど、
3巡目くらいで、フロアに私の友達の人数も増えてきたので、
もう考えなくても好きなのかければ盛り上がりそうだわ、という
気持ちになって、ロックからバルカンからハウスからメレンゲから
好きなようにまわしていたら、おじさまから
「支離滅裂すぎる!」と笑われた。

「I'll keep my light in my window」のジャズ盤かけたら、
すごく喜んでくれたDJくんがいた。
Quantic & Alice Russell のこのバージョンはとても好きだ。
好きな曲を好きだという人と会うと、うれしいよね。
ある程度までは仲良くできる気がする。ある程度までだけどな。



 
DJ MOKUREN | - | -

3月3日(木)19:00アイララレディースDJナイト

★アイララひな祭りレディースDJナイト★
3月3日(木)19:00〜26:00
《DJ》Natacha,Midori,木蘭,Sonomi
1st/¥1500(1drink付)
2nd/¥700〜

ひな祭りの夜は、アイララにてDJやります。
ブラジル、バルカン、マヌーシュ…濃いので乗せますよ!
踊りにきてくださいね。

AiLARA
東京都新宿区新宿2-15-11 信田ビル1F
03-3352-3535

DJ MOKUREN | - | -