今日は公開口頭弁論

きょうは東京地裁で、午前10時から夕方17時まで、
『Black Box』の著者でジャーナリストの伊藤詩織氏が、
元TBSワシントン支局長の山口敬之氏を訴えた民事訴訟の
公開口頭弁論が行われている。
伊藤氏と山口氏が出廷してそれぞれ証人尋問が行われる
ということで、朝早くから霞が関へ出向いた。

 

私が到着したときには、既に傍聴席を求める人々が
大勢集まっていて、長蛇の列は地裁の敷地を出て、
壁沿いにずらりと50メートルほど伸びていた。
著名なジャーナリストらのほか、
極右雑誌で活躍中の文筆家の姿もあり、
相当な関心の高さをうかがわせた。

 

30席の傍聴席に対して、168人での抽選。
私は外れたので帰宅。

 

集まった人々の、5割ほどは年配の女性というのが
特徴的だった。
特に60代〜70代くらいの女性が団体で来ていたようで、
知り合いどうしで声を掛け合ったり、
「わたし夕方5時までは傍聴できないから、もし当たったら
券まわそうか?」
なんて会話をしていた。
『アベ政治を許さない』というカードやキーホルダーを
持っていたから、左翼の女性団体かもしれない。

 

ちなみに列の先頭は、サピオの編集者氏だった。
ものすごいガッツでかなり早くから来て並んだのだと思う。
当たったのかな?

日誌 | - | -

ダ・ヴィンチニュース

中上健次さんの娘さんで、小説家の中上紀さんが、
拙著「アイララ」に書かれている、
「酔っぱらった中上健次が、ビール瓶を投げた事件」
を読まれたとのことで、「謝りたい」とアイララを訪れる…
そんな面白い座談会を角川の「ダ・ヴィンチニュース」で
やっていただきました。
興味のある方は読んでみて下さい。

“AiLARA”ビール瓶投擲事件の真相!それは中上健次の
「ボブ・マーリーをかけろよ、コージ!」のひと言が始まりだった

【謝罪座談会】中上紀×「AiLARA」DJコージ・古田そのみ・泉美木蘭
https://ddnavi.com/interview/548112/a/

日誌 | - | -

東洋経済オンライン:GAFAの書評

東洋経済オンラインで
『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』
という本の書評を書きました。

GAFAによる「人類の家畜化」を止めるのは誰か
人間はすでに「大切なモノ」を奪われつつある

https://toyokeizai.net/articles/-/289479

ビジネス系の読者層が多いサイトなので、
GAFAをよく知っている人も多いし、
非難轟々になるんじゃないかと思ったんですが…

iPhoneニュースに取り上げられて(!)1位になったようで、
非難轟々になり、読まれているみたいです。

 

アップルへの文句をぶうぶう書いたら、

iPhoneが取り上げて記事が読まれるって、もう

どうしたらいいかわかりません!
日誌 | - | -

イニエスタって人の名前だったんだね。

イニエスタって人の名前だったんだね。
「ファンタジスタ」的な、すごいサッカー選手の総称だろうと
勝手に思っていた。
ネイマールも、てっきりドイツあたりに「ネイマール地方」が
あるんだろうと思ってたもんな。
第一次大戦後に存在したネイマール共和国、みたいなやつ。

 

聞いた単語から勝手な連想(妄想)で処理してることが
色々多いんだろう。
こないだも「年金払え!」デモでかなり困惑してたし。
なんでそんなに隊列組んで他人に向かって
「払え払え! 年金滞納してる奴はちゃんと払え!」って
督促して回ってるんだこの人たちは、と。
ついに正義感をこじらせた年金世直し隊が出現したぞ、と。
あれ、真相わかってホッとしたよ。生放送の題材で良かった。

 

今日はくたくたになって帰宅したら、関西ゴー宣道場のコーナー、
「もくれん探偵物語」の絵が夏バージョンに変わっていて、
すごくなごんだ〜。
えみりんさん、いつもかわいい絵をありがとう!
でも、私が最近、とぐろの蚊取り線香を焚いてることが、
なんでわかったんだろ?
緑色のじゃなくて、茶色のほうだけど。

 

で、よくよく見たら「オオカミ少女」の第33回がすでに
2019.07.XXの日付で入力されていた。
今週中には配信されるかな。
ブログみたいに好きなこと書いて何でも自分で配信できる
ものじゃないから、原稿渡してから時間かかるのね。
今回は「最強のY」について書いたので、校正に日にちが
かかっています。面白く読めるはず。

九州ゴー宣道場のホームページも、ゾウムシ村長の小説が
はじまって、もうどんどん自由に創作や動画が飛び出して
すごいなあ。

 

このごろくたくた。
金曜日は夜遅くに給料袋持って帰ってきたはずなんだけど、
翌朝、荷物は全部あるのに、給料がどこにもない。
うわ〜、雨の中、傘さして両手に大荷物で歩いたし、
どこかで落としたのだろうか。
へこんでやる気も半減……。

 

が、今日になって、枕の下に敷いてあるのを発見した。
疲れ果てて、もう眠くて眠くて意識朦朧になりながらも、
「カネだけは、カネだけは大事や!」と思って、
とりあえず枕の下に挟んで寝たみたい。
年寄りか!
どういう無意識行動なんだ。

日誌 | - | -

公式LINEアカウント

仕事で公式LINEアカウントの作り方を教えられました。

それで自分のも試しに作ったのですが、もし興味あれば。

 

 

LINEだけで届く、プチ日記などが読めます。プチです。

 

おおむね、ふざけた話80%で、告知10%、〇〇10%の不定期配信です。

 

泉美木蘭公式LINEアカウント

友だち追加

 

QRコードからも登録できます

 

 

日誌 | - | -

幻冬舎plus「オルレアンのうわさ」

幻冬舎plusで連載中の「オオカミ少女に気をつけろ!」

  

今回から「庶民のうわさ」や「都市伝説」について

取り上げていきます。

  

オルレアンのうわさ。そして都市伝説

https://www.gentosha.jp/article/13160/

  

「海外のブティックで、
観光客の女性が姿を消す事件が
起きてるんだって。
試着室に入ると、鏡が反転して、
壁の奥の部屋に引きずり込まれ、
売り飛ばされてしまうらしい」

  
30代から50代くらいまでの方は、
学校などでこんなうわさ話を聞いたことがないでしょうか?

  
ハイ、私、中学生のころ、この話に衝撃受けて、
友達に威勢よく語ってました。
それがただの「都市伝説」とも知らず……。

日誌 | - | -

東洋経済オンライン

東洋経済オンラインで記事配信されました。

 

「リンダ・グラットン×小泉進次郎」特別対談

人生100年時代には「人間とは何か」が問われる
 

https://toyokeizai.net/articles/-/286075

 

今回は動画付き!

日誌 | - | -

人間には暗部があるから

「とにかく殺人であり、死んでいい命はないのだから、
どんな理由があっても、
よその子どもを殺すかもしれないと思わせるような素振りが
うかがえる暴力息子に、父親が手をかけたことを、
容認するような意見をメディアは絶対に言ってはいけないんだ」
……という意見はよくわからない。

 

「メディアとしての自戒」のように聞こえるけど、
弱者、底辺、社会の縮図というものに対する罪悪感に、
飲まれすぎているのでは?
そんな過剰反応していたら「模倣犯が出るから報道は自粛しろ」
というところにも行きつくし、ますます本気で論じることから
敬遠するばかりじゃないかと思う。

 

もちろん公の場で言うべきでないことはたくさんあるけど、
(…私みたいな、ネジの抜けた赤裸々人間が言うのも変だけど)
「そうですよね、思っても、言ってはいけないですよね」
みたいなやりとりをコメンテーター達がしているのは、
すごくいびつな空気に感じる。

 

いまは購読をやめたので読まなくなったけど、以前は、
朝日新聞デジタル版の「きょうも傍聴席にいます」という
コーナーを愛読していた。
そこには、どうして加害者が一線を越えてしまったのかを
考えさせる人間の物語がたくさん描かれていた。
家族間で、苦しみの末とうとう凶暴な息子を殺害してしまった
という殺人事件もあった。介護疲れの末の殺人も。
裁判官が述べる情状酌量の理由に泣けてくるものもあった。
一体なにが「悪」なのだろうかと、たびたび考えさせられたよ。

 

弱い立場の人間を支えようという優しさや取り組みは、
もちろん必要だし、情報はどんどん広めてもらいたいけど、
同時に、人間の暗部をまっすぐに見る強さも必要なのでは。
「弱者」「底辺」「マイノリティ」「社会の縮図」に対して、
過剰な罪悪感を植え付けるようなものの言い方は、
どうもその暗部から目をそらし、人間を理解する力を奪うのでは
ないかと思えてくる。

日誌 | - | -

つれづれ日記

今日の日記。

 

その一
写真家の森山大道さんが、私の父の生まれ故郷である、
島根県のものすごく小さくてマイナーな村の写真集を
出していて、非常に驚いた。
1987年の夏撮影、まさに私が遊びに行っていた時期のもので、
思いっきり父の実家や、寺の外壁が映り込んでいるし、
近所の人しか歩かない裏道から、海辺までの道などが
あのモノクロの世界観で作品化されていて超仰天した。

 

1987年は、夏休みの自由研究のために、父と一緒に島根県と
三重県の海辺〜川辺の砂を拾って、顕微鏡で観察した年なんだ
けど、その砂を拾った場所まで写真になっていて、
見ていたら泣けてきた。
島根県のその村は、大昔にタタラ製鉄をやっていて、鉄を川で
運んでいた地域だから、海辺も川辺も砂鉄が混じっているという
特徴があったんだよ。

それが、ヤマタノオロチ伝説の赤い血の川のイメージにもつながって
私の頭のなかにずっとあった。ヤマタノオロチの尻尾から、
草薙剣が出て来たというのは、製鉄の風景から生まれた物語なの
だろうと私は思ってる。

 

森山大道って大阪の人だと思っていたけど、
どうやらお父様はその村に生まれ育った方で、
自身も子供時代はそこで過ごしていたらしい。
写真から、森山家と泉家はお墓まで同じ敷地とわかった。
これ、一年早く入手してたら、父に見せられたのになあ。
ものすごく感激しただろうに。
父は押し入れを暗室にするぐらい写真が好きだった。

 

 

その二
1961年にほんの一瞬公開されたきりだったフランスの映画
「金色の眼の女」がDVDで復刻されたということで、見た。
そんな大昔のモノクロ映画を観てもどうかなあと思ったけど、
美しくて仰天してしまった。

序盤、意味がわからなくて全くどうしようか怯んだものの、
主役のマリー・ラフォレの旦那が撮ってる映画というのもあり、
とにかくマリー・ラフォレを美しく魅せるための作品になって

いて、さらにどのシーンも完璧なまでに美が追究されていて、

構図もかっこいいので夢中になってしまった。
早送り、コマ送りしても、偶然画面に出たシーンがすべて
そのまま絵になるという。
自分は耽美主義の映画がけっこう好きなんだなとわかった。
マリー・ラフォレは、「太陽がいっぱい」でアラン・ドロン
の相手役をしてた女性だ。憂鬱で不機嫌な役が合っていた。

 

その三
カラー写真の草分け的な写真家、ソール・ライターの作品に、

白い雪道を、赤い傘を差した人が歩く有名な一枚があるのだけど、

 

 

私はずっとあの一枚は、「シェルブールの雨傘」の冒頭のシーン
から影響を受けたんだろうと思い込んでいた。
そしたら、今日になって、ライターの写真がなんと1950年撮影で、
「シェルブール」より15年も早かったとはじめて気が付いた。
どんだけセンスがよかったんだろう。

 

過去のことでいろいろ仰天した一日だった。

いまは門下生チャンネルの「ドキドキ男女論!」を聞いてる。
おもしろい。

日誌 | - | -

幻冬舎plus連載「詐欺に騙されやすい人」

オレオレ詐欺や振り込め詐欺は、高齢者が被害に遭っているけど
実は、マルチ商法の被害相談は20代が突出しているそうです。
そういえば、私も……

 

というわけで、私自身が騙されていった体験を振り返りつつ、
「騙され、踊らされる人」の考察をはじめてみました。

 

幻冬舎plus連載
「オオカミ少女に気をつけろ! 〜欲望と世論とフェイクニュース」
詐欺に騙されやすい人=デマに踊らされがちな人?
https://www.gentosha.jp/article/12926/

日誌 | - | -