治療薬も、ワクチンも、いろんな思惑が…

アビガンについて、臨床研究の方法から調べて、
自分で理解するのに3日ぐらいかかったけど、
なんとか整理して書いたから、明日のライジングの記事を
お楽しみに。

 

『文藝春秋』に載っていた本庶佑氏の
「東京五輪までに『ワクチン』はできない」を読んだけど、
なるほどなあと思った部分と、
「え?」と目が点になった部分と、
なんだか両極端な論考だった。

 

ワクチンだってそう単純に効くものではないし、
だいたい副作用という大きな問題もあって、
理論的には効くはずだったワクチンも、
実際にヒトに対して接種したら副作用が出て、
100億円、1000億円ものお金がパーになるという話は
枚挙に暇がないんだって。

米国では、新型インフルエンザの流行に備えて、
見切り発車で全国民にワクチン接種をはじめたものの、
副作用でギラン・バレー症候群が出て、投与中止という
悲惨な事件もあったらしい。

 

本庶佑氏は、ブラジルならともかく、そもそも日本では
新型コロナが流行ってないのにワクチン開発なんて無理だろう、
期待を煽るような報道をしていていいのか、と指摘。
その通りだなと思った。

 

そして、今回はたまたま欧米人が感染しやすいウイルスだったが、
逆に、日本人が感染しやすいウイルスも存在する可能性がある
という指摘も、まったくその通りだと思うし、
今回は本当に、「たまたまこの程度だった」と考えて、
コロナがもたらしたグローバリズムに対する問題意識を、
もっと強く持つよう変わっていけないと危険だと思った。

 

でも本庶佑氏、最後はなぜか、
全自動PCR検査機と検査試薬を国内製造して導入すべし!
さすれば多くの外国人を受け入れることもできる!
それは停滞する経済の復活にもつながる!
という方向に結論するグローバリストなんだよね。
そこが変なの。

 

あとは、自分が開発したオプジーボは、
理論的に新型コロナの初期段階に効くはずで、
アメリカでは治験やってる、と書かれてた。
そして、いまオプジーボの特許料をめぐる裁判を
起こしているとかで、製薬会社の悪口がいっぱい書かれてた。
いろんな思惑がぐわぐわと和えられた論考だった。

日誌 | - | -

アビガン続報「明確な有効性が確認できず」

タイムリーで驚いたが、アビガンの臨床研究を行っていた
藤田医科大学などのグループが、本日記者会見を行い、
患者に対する臨床研究で、明確な有効性が確認できなかった
などの結果を公表した。

 

副作用については否定していたが、もう感染者がいくら増えても
無症状か鼻風邪程度で投与できる患者は少ないし、
この機会に発表して手を引きたいということなのかもしれない。

 

岡田晴恵教授は、この事実を月曜日の『モーニングショー』で
自分で伝えて、しっかり発言撤回をしなければならないと思う。
科学的に認可に足るデータのない薬物を、
ただの願望だけで「早く承認していただきたい」
「医療関係者には持たせておいて、早く飲んでしまったほうが
いい」とまで発言してきたのだから。
これは倫理的に本当に重大な問題です。

日誌 | - | -

理性より論理より科学より・・・

今日も岡田晴恵教授が「モーニングショー」で、
いつものようにアビガンを、と発言していた。
認可されていない薬を、「専門家」と見なされている人物が、
実際のデータを無視して「多分良さそう」という軽い感覚だけで
すすめるのは本当に危ないことで、やってはいけないことだと思う
のだが、岡田教授はそう感じないのだろうか。

 

私はもともと4月ごろにアビガンの名が報じられはじめた頃は、
「アビガンって日本の薬だし、効果があるならいいなあ」
と心のなかでは願っていた。
でも、それはただの個人の願望だ。
理性でも論理でもない「願望」という手前勝手な情感で、
毒物でもある「薬」の認可を突き上げるのは間違いだと思う。
しかも、テレビという影響力の強い場所で、
「コロナ恐怖」という、これまた情感を利用して言うのだから、
そこにサイエンスは一切存在していない。
岡田晴恵教授のやっていることは、単なる「呪い」だ。

 

きのうからコメント欄を含め、個人サイトのほうからも、
アビガンの研究に関する読み方を教えてくださった方がいた。
「人工呼吸器を必要としていなかった軽症患者830名のうち、
投与後42名が死亡し、致死率は5.1%。」ではなくて、
「酸素投与を必要としていなかった軽症患者830名のうち、
投与後42名が死亡し、致死率は5.1%。」ですね。

 

それから、薬剤師の方から、
藤田医科大学の報告書についてのポイントを非常に丁寧に教えて
いただいた。
そもそもアビガン以外にも、コロナに影響する可能性のある薬剤が
投与されている患者が多かったり、患者数のカウントが変だったり、
アビガン研究そのものに問題があり、やはりこれでは認可できなくて
当然だろうということだ。

 

それから、投薬後の致死率に関しては、
軽症の定義が厚労省の定義と違っていたり、患者の持つ合併症から、
致死率が引き上がったりする要因もあるということで、

アビガンに対する評価材料としては、「?」がつくようだ。


そして、それなら、もともと死に至る疾患を持っている人が、
「コロナ」一点で「コロナ死」と見なされている現状そのものにも
問題があるなと思った。

 

この件については、詳しくはライジングの連載のほうにまとめて書きたい。

日誌 | - | -

アビガン、「軽症者の高致死率」報告

新型コロナの治療薬として期待されていた「アビガン」ですが、
観察研究の結果、投与した患者の高致死率が報告され、
薬害オンブズパースン会議から、
研究のための新たな患者登録の中止、治験用アビガンの供給停止、
そして治療薬として承認しないよう求める意見書が公表されました。

 

この意見書は、アビガンの観察研究を行ってきた藤田医科大学の
中間報告に基づくもので、
「アビガン」を投与した患者1,918名のうち、223名が死亡し、
その致死率は11.6%にのぼり、
厚労省の全国集計による日本での新型コロナ致死率1.6%、
中国での致死率2.3%よりも明らかに高く、
アビガンが有効でない可能性、さらには有害である可能性を示して
いるとのことです。

 

特に、軽症者がアビガン投与後に死亡しているケースが見られ、
人工呼吸器を必要としていなかった軽症患者830名のうち、
投与後42名が死亡し、致死率は5.1%。
しかも、入院後1カ月までに症状が憎悪して転院した例も35名あり、
これらの患者がその後生存しているのかどうかは判明しておらず、
アビガンを投与した軽症者の死亡率はさらに高まる可能性がある
とのこと。

 

年代別致死率を見ても、
従来から致死率が低いとされる20代、40代、50代でも、
アビガン投与後は致死率が1.4%〜2.4%と高まったそうです。

 

当初から、アビガンには催奇形性が指摘され、サリドマイド事件が
想起されるところがありましたが、

それどころか、軽症者が副作用死している可能性があったのです。

 

岡田晴恵教授は、これまで繰り返し、テレビを使って政府に対して
「アビガン」の早期承認を求め、
さらに、医療関係者には先に錠剤を渡しておいて、すぐに飲めるように
したほうがいいとまで発言してきました。
しかしそれは、軽症者の副作用死を招く恐れのある薬物の服用を、
なんの医学的知見もないまま、公共の電波を使って無責任に広めた、
命に関わる超危険発言だったということになります。

 

そもそもアビガンは、「政府が承認しなかった」のではなく、
製薬会社から「承認申請が行われなかった」薬物です。
申請に足るだけのデータが収集できていなかったからだそうです。

 

しかし、特に『モーニングショー』を真面目に視聴してきた人々の
多くは、
「早くアビガンを承認したほうがいい、自分がコロナになったら、
すぐにアビガンを飲ませてほしい」
と思い込まされている可能性がかなり高いです。

岡田晴恵教授は、いますぐ、アビガンの高致死率について発表し、
患者の死を招くことにつながる、自らの軽率な発言について
謝罪するべきではないでしょうか?

本当に恐ろしい話だと私は思います。

日誌 | - | -

テレビ様へのお願い

今日も100人超えた、大変だ、100人超えたと、
東京都様やテレビ様は一体いつまで感染者数を見てお騒ぎに
なられるのでしょうか。

 

20代の無症状感染者の自由を奪って、お騒ぎになるならば、
同時に、「本日の重症者数」も強調して発表していただけたら
と思うのです。

 

「まわりまわって高齢者に感染したら……」と脅迫なさるなら、
その日の感染者には、70代、80代、90代、100歳の感染者も
いるということと、その高齢感染者の中の重症者数について、
堂々とご発表いただきたく存じます。

 

テレビ様は、なぜ大したことのない数字には注目しようと
なさらないのでしょうか。

 

夜の街だ、新宿だ、池袋だ。
どこまで飲み屋を潰して回れば、どこまで他人の人生を
破壊して回れば気がお済みになるのでございましょうか。

 

え、そんなことになっていると、気がついておられない?
建物、看板は風景としてそこに存在してございますが、
あちらもこちらも、テナントはもはや去り、
「営業再開」など永久に訪れない店が多数でございますよ。

 

他人の人生なんて想像もつかないしどうでもいい?
テレワークだったらほとんど影響ない?
コロナの時代に見合った仕事をやればいいじゃないって?

 

ペラペラの浅くてクソつまらない、現実感のない人生観しか
持ち合わせておられないのでしょうね。

 

ところで、さすがに海外でも、新型コロナの勢力がすっかり
衰えてしまっていると、次々と報告が出てございますよ。

 

ロックダウンを行ったにもかかわらず、死者44,000人以上を
出しているイギリスからは、

 

「9,081か所の介護施設にて、65歳以上の住人172,066人を
検査したところ、陽性者は4%だったが、そのうちの80.9%は
無症状だった」

 

オックスフォード大学のサラ・ハーパー教授は、

 

「若い人は概して無症状だが、高齢者はそういうわけではない
という考えを疑問視しなければならない」

 

「一部メディアは、一般論として『Covid-19はすべての高齢者に
対する死刑判決である』と報道してきた。だが、高齢者も若者も、
多くの人が軽度で済んでいる可能性がある」

 

とのことです。

 

また、世界5大医学雑誌のひとつ『ランセット』にも、
ベルギーにおける類似のケースについての報告がございました。
ベルギーは、一時期「死亡率世界ワースト1位」と揶揄されまして、
人口1,146万人中、死者9,700人以上を出した国でございますが、

 

「介護施設に入居している72歳〜90歳の高齢者142,100人の検査を
行ったところ、陽性者は3.8%だったが、そのうちの75%が無症状
だった」

 

とのことです。

日本の死者数、重症化の状態、そこに注目なさって、
高齢者の存在を脅迫の材料になさらないこと、
介護施設の職員の方々を恐怖と緊張に縛り付けないこと、
そう提議なさるテレビ様が1社ぐらいはおありになられても
およろしいのではございませんでしょうか。

もう「殺人ウイルス妄想」は結構なのでございます。

日誌 | - | -

児童に3密パトロールさせる恐ろしい小学校

小学校をめぐる戦慄するような記事を読んだ。

 

「3密」児童がパトロール 輪島・門前東小 昼休みに2人一組で
https://news.yahoo.co.jp/articles/8cfbc93c58ed6587f5d4cfda9a0a8aae1de442b8

 

石川県のこの小学校では、児童が「3みつパトロール隊」を結成し、
休み時間の学校内を監視させているという。

 

《気が緩んで「3密」になっている児童はいないか。見つけるとすぐに
「密です。離れましょう」と警告。元気な声が響くと、注意された児童は
はっとした表情を見せた》

 

自粛警察のまねごとをするような児童が現れたら、教師がやめなさいと
教えてあげるのが常識だと思うが、
なんとこの小学校では、教師らが話し合った結果、
「児童自らパトロールを行えば、学校全体の感染防止の意識が高まる」
と考えたそうで、教師は「効果は上々」などと喜び、校長は、
「教員が注意するよりも効果があるように感じている」などと言っている。

 

北朝鮮か? 
隣組教育か? 
平家のかむろか?

 

子どもにお互いに監視するよう教育するとは恐ろしい相互監視学校だ。
しかもこれを、なんら疑問視する視点を持たずに報じている北國新聞も
まったくおかしい。
狂った大人しかいないの?

 

小学生に重篤なコロナ感染者はいません!
小学校でクラスターは発生しないか、あっても稀!
もし万が一、インフルエンザのように子どもの間で感染拡大して、
どんどん高熱を出すウイルスならば、学校の判断で一時期のみ
学級閉鎖すればいいだけ!

 

子どもは集団生活の中で、おしくらまんじゅうのように
遊びながら人間関係を学んだり、情感を育んだり、
そしていろんなウイルスを感染させあいながら、
必要な抗体を獲得して強い体になっていくのが正常な生活ですよ。
それを妨害する制度を、「効果は上々」とか言ってる教員って
頭が狂っているとしか思えません。

日誌 | - | -

朝起きると、向かいの会社がもぬけの殻になっていた

朝起きてベランダに出ると、
向かいのビルの会社がもぬけの殻になっていた。
ヘルメットに防塵マスク姿の外国人たちが、
タイルカーペットやブラインドカーテンの部品など、
内装に使っていた資材を抱えては、
2階の窓から地上のトラックの荷台へと投げ下ろしている。

 

ある業界に特化した専門誌を作っている会社だった。
一年間にいくつもの大会が行われる業界だが、
すべて中止になっているのは私でも知っているし、
この状況ではスポンサー広告も入らず、事業継続できなく
なってしまったのではないだろうか。

 

私は毎日ベランダの窓を開放したまま、窓際の机で仕事を
しているのだけれど、たまたま音楽もラジオも消して
根を詰めていたとき、
向かいの会社の男性が、ベランダに出て一服しながら、
電話で「お利口さんだった? パパ、もうすぐ帰るからね」
と小さい子どもと話すような声が響いてくることがあり、
「向かいのあの会社」に連なっている、ささやかな人の営み
を感じたことがあった。

 

その男性は、ベランダに出て電話をするのが好きなようで、
しかもやたらと大きな声で遠慮なしに話す人だったので、
細い道一本はさんだ部屋で仕事している私の耳には、
名前は聞こえてくるし、役職は聞こえてくるし、
取材アポの日程は聞こえてくるし、
その他数々の業界情報が漏れに漏れてきていたので、
一度、わざとパセリの世話をするふりをしてベランダに
姿を見せて、目を合わせずに声を下げてもらうという
一幕もあったのだけど。

 

そういう仕事の日常が、こんなことで消えてしまうなんて、
本当に気の毒だ。

 

「じゃあオンラインでやればいい」のか。
「テレワークと副業が進んだ社会になればいい」のか。
簡単にそう言う人もいるけど、
合理化のなかで育まれるのは、
合理化が骨の髄まで染み込んだ人間で、
果ては、他人との人間関係も、家族関係すらも、
合理化・効率化・自己中心的な損得でしか見ることのできない、
無関心で無縁な人が大勢漂う社会ではないかと思えてくる。

そのぐらい、日本人は簡単にのみ込まれてしまうということが、
今回よくわかったことだ。
浅はかなエゴとは意識して戦わなきゃいけない、
ひしひしとそう感じる。

日誌 | - | -

さいたま、怖いわ・・・

埼玉は、キャバクラの店名は公表するし、
東京での飲食店の利用を自粛しろと言うし、恐ろしいよ。
どこもかしこも恐ろしいけど。
そして、どうしてマスコミには、いつまでたっても
「そんなことを公言していいのか?」
という視点がないのかね?

 

シルク・ド・ソレイユの破産には同情的なコメントが多く、
それはそれでもちろん大変な話で、影響多大だし、
エンタメ業界はまだまだ悲惨な話が続出するんだろうけど、
一方じゃ、夜の街の従業員に対する冷たさがすごい。

 

なんですかいね?
どうしようもなくその世界にしがみついているしか
生きていけないって人もいれば、
親がいなくて中卒で、でもみじめったらしいのはイヤで、
水商売の世界でいい生活してやるんだという人もいるし、
どこの世界にもいるように、中途半端に流されながら
生きているというクラゲのような人もいれば、
弟を大学に通わせるために朝まで働いてる人だっているし。
子どもや老親抱えた人だって大勢いるし。

弱者が路頭に迷うことにはなんの痛痒も感じないのかしらね。
狂気の沙汰だよ。

日誌 | - | -

「スウェーデンに対してネガティブな新型コロナ報道のこと」

幻冬舎plus連載「オオカミ少女に気をつけろ!」
新しい記事の配信です。

 

「スウェーデンに対してネガティブな新型コロナ報道のこと」
https://www.gentosha.jp/article/15907/

 

ライジングご購読者の方々には復習になりますが、
「自粛」「ステイホーム」「休業要請に応じない店がいる」と
推奨して社会に圧力をかけつづけたメディアには、
自己検証をしっかりしていただきたいです。
「編集権」と、「事実の歪曲」を取り違えないで欲しい!

 

日誌 | - | -

感染拡大は「日本国内でどうだったか」が問題では?

感染拡大のスピードを示す「加速度」を算出して、

 

「外国人の入国を許していた間は、
新たなウイルスがどんどん入ってきていたので、
アクセルが踏まれた状態になり、
感染拡大の加速度は高まっていたが、
3月上旬に外国人の入国を制限したら、
アクセルが緩められた状態になり、
感染拡大の加速度は下がった、
だから自粛はほとんど関係なかった」

 

と主張する言説があると聞いた。

もちろん、感染症の発生に際しては、
渡航制限を行うべきというのはわかるけど、
一番に検証したほうがいいのは、

 

「ウイルスが日本に入ったあと、日本人の間で、
どのように感染推移したのか?」

 

という点と、

 

「そもそも新型コロナウイルスとはどのような性質を
持っているのか?」

 

という点であり、ウイルス保有者をどれだけ大勢投入したか、
という話ではないのでは? という疑問が浮かんだ。
だって日本で感染した人は、全員、直接外国人からうつされた
わけじゃないでしょ?

 

ロックダウンしても、おかまいなしに国内で感染拡大が
続いてしまった国を見れば、
人為的に、全世界一様に、ウイルスの活動を制限することは
不可能だとわかるし、
新型コロナが、もしも「日本人にとって」感染力の極めて高い
猛毒ウイルスだったなら、
渡航者数に関係なく、「日本人の間で」たちまち感染拡大して、
猛威をふるったのではないかと思う。

 

でも、今回のウイルスは、日本では、そうならなかった。
最初から感染規模が拡大せず、重症者・死者も増えず、
そして、新型コロナの性質に則って2週間でピークアウトした。

 

…ということじゃないのかなと思うのだけど。

日誌 | - | -