IQの高すぎる若者の話を聞いた

取材で本郷の東京大学へ。
キャンパス広くて迷う可能性あるし、歩くだけで死ぬかもしれないから、

水分持参で出掛けたんだけど、涼しい部屋にいたのに、

取材中、目眩に襲われて視界が白くなって危なかった。
思ってるより多めに水分補給したほうがいいね。
IQの高すぎる若者の話をずっと聞いていたので、脳みそが
力んでいたのかもしれないけど。

 

Google、Facebookの話を中心にうかがったんだけど、
そりゃ今の時点ではGoogleに勝てる気はしませんけども、
あの業界は10年後はわかりませんから、と言ってのけて、
日本人の特性と能力を結集させて、米国ネット企業を倒そう
と考えてるようで、凄い人がいるんだなあと思った。

 

アインシュタインの相対性理論よりも、現代の先進国が抱える
社会問題のほうがずっと難しい、だから、そこに取り組める
仕事を選びましたと言っていた。
はああっ、どうかよろしくお願いします、という気分になった。

日誌 | - | -

GAFAの本能狙い撃ち

このところ、「自己増殖していく資本主義とは?」
「高度経済社会に過剰適応していく人間とは?」
というテーマの対談記事を週に2本も3本もやっていて、
シュンペーターの
「資本主義は経済的成功ゆえに文化的に崩壊する」
という意味の言葉がずっしり重くのしかかってくるのを
ひしひしと感じつづけている。

経済って、数式や数値上の効率じゃなくて、
もっと哲学や、その国の歴史観を持って語らなきゃ
いけないんものなんじゃないの、って。
毎回はげしく勉強になっているんだけど、
一方で絶望感でいっぱいになったりもするよね。

 

そして、Apple社に忖度したドワンゴの検閲や、
「ナパーム弾の少女」の児童ポルノ判定、
Facebookでドラクロワの「民衆を導く自由の女神」が
ポルノ画判定されるなどトンデモニュースが相次ぐので、
アメリカの経営学の教授が書いた本を読みはじめたら、
すでに世界は、「GAFA」に支配されて創り変えられて
しまってる、と。

GAFAってのは、Google、Apple、facebook、amazonの
4大ネット起業のことで、私が読んでいる本のなかでは
「四騎士」と表現されているんだけど。


四騎士ってのは、ヨハネの黙示録のなかに書かれている
7つの封印のうち、4つの封印が解かれて現れる4人のこと。
地上の4分の1を支配し、剣と飢餓と死と獣によって、
「地上の人間を殺す権威」を与えられている存在だ。


もう国家もくそもない、ネット企業が「神」状態。

「グローバル!」「アップル万歳!」と調子乗せられて

いった終末は・・・だよね…。

 

で、現代の四騎士GAFAは、
人間の「脳」と「心」と「性器」を狙い撃ちすることで
肥え太っているんだそうだよ。
現代人はGAFAの提供サービスに本能すら明け渡した、と。
読むんじゃなかったと思いながら、最後まで読んで、
またそのうちに何らかの記事に還元しますよね。これは。

日誌 | - | -

『権力の「背信」』(朝日新聞取材班)

昭和枯れすすきって言われると、うちのアパート、本当に枯れすすき然としてるもんだから、「そうだけど?」みたいな感じで、今後はある意味特権的にタオルケットとアイスノンで大都会東京の熱帯夜を生き抜いてゆけばよいのだと自信がついた。
だって私はアスファルトに生える雑草だから(キラッ)。

 

ところでまだ全部読めてないけど、この本おもしろい。

 

『権力の「背信」』(朝日新聞取材班)

https://amzn.to/2uJmWcf

 

森友も加計も、発端から現在進行形の疑惑まで全部網羅されてるよ。
なつかしの「コンニャク会見」のショットにはちょっと笑ってしまった。
どこぞの提灯持ちの書いた本は、どこぞの自民党に大量購入されて9万部とのことだけど、こういう本が自然にいっぱい売れている世の中のほうが、絶対的にまともだと思う。

日誌 | - | -

タオルケットとアイスノン

タオルケットとアイスノンの昭和の睡眠ダブルセットで猛暑を乗り切っている私は、アナクロニズムどころか古代人かも……。
いやいや、アイスノン最高だよ。
だってさ、なんだかエアコン効かないんだよね。
土も木もない、照りつけるだけの都会で木造アパートってのが、もう無理があるんだろうね。隣のおじさんが死んでたのもよくわかるよ…。

 

「AiLARA 『ナジャ』と『アイララ』の半世紀」、ぜひまず地元で売れてほしいなあと思っていたら、新宿紀伊國屋書店でそこそこ買われているみたいで、だけど、4階の現代美術の棚だけがどんどん品切れになっちゃうんだって。私がブログで書いたからかな?
2階にも1階にも置いてあります。まだ初回限定の金子國義ポスター付きバージョンです。
Amazonでも販売中です。

 

サイン会とか、いろいろイベントごとがこれからあるみたい。
読んでくださったみなさんの味わいある感想がかなり楽しいです。
モリ・カンテの「イェケ・イェケ」って、そもそも総研の曲だったね、はじめて気づいた。個人的に、テッパンすぎて入れるの忘れてたブラジルの曲があったな…とちょっと悔やんでいる。

 

Jorge Ben "Mas que nada"

Jorge Benは"AFRICA BRAZIL"というアルバムに入ってる"Taj Mahal"も超有名だけんね。
いつだったか、Taj MahalかけていたところにDJ KOJIさんが近寄ってきて、「ベンのギターは、ベースの音を切って、高音をもっと上げたほうがかっこよく聞こえるから、調節して」と教えられた。
最初のうちは「お前がDJなんて100年早い」って何も教えてもらえなかったから、かなり驚いた出来事だった。

日誌 | - | -

LINE地獄

明日取材だし、ライジングの原稿一日早く書いた。
本の文字量の話と、スマホの話。今年はじめに取材したスマホアプリ開発企業の話がどんどん現実味を帯びているので紹介しています。

 

iPhoneに「おやすみモード」というのがあるのに気が付いて、昨夜から、特定の人以外は、夜は通知が鳴らないように設定した。
そうしたら、朝起きると、LINEの通知が38件とか溜まっていて、いきなり疲れた。


機種変更したときにLINEのアカウントが消失して、「やったー!」と思い、必要な人だけと連絡がつくように切り替えたんだけど、結局、カネがもったいないからLINEの無料通話で電話したいという人や、仕事の連絡をLINEでやっているという人なんかがどんどん現れた。

日常的にやりとりしている人達だし、メールの替わりだからいいんだけど。

 

でも、あの「LINEグループ」っていうのが本当に苦手で。
私、神経質なのかなあ?
数人の会議用のグループに入れられて、確かに、内容は真面目な話をしているんだけど、その通知があまりに頻繁に届くから、いちいちものすごくイライラしてきちゃうんだよ。
なんだか、時間の切れ目やケジメがなくなった感じに疲れるというか。

ひょっとしたら、男って、女の無駄話をこんな気分で聞いているんじゃないだろうかと思ったりとか。

 

それで、「LINEは勘弁してほしい」ってぶうぶう言ったんだけど、木蘭さんはフェイスブックもやってないし、他に一斉にみんなと情報共有できる手段がないから、頼むと言われてしまうし。
そんなに情報共有しなくていいんじゃない?
もういいよ、今度会った時で……って感じなんだけど、だめ? ぶうぶう。

便利さと効率の良さがめんどくさくてたまらない。ぶうぶう。

日誌 | - | -

未来と過去の…

普段ドラマなんて見ないのに、ふわっと横になりながらなんとなくテレビをつけたら『限界団地』という深夜ドラマをやっていて、佐野史郎が「冬彦さん」以来の超絶な怖さを発揮しているもんだから、つい最後まで見てしまった。
あの能面のような顔はすごい才能だと思う。

 

アイララ本、Amazon経由の発送にずいぶん時間がかかっていたみたいだ。読んだ人の感想がとても楽しいです。小林先生も買っていただいて本当にありがたいです。

 

角川清子さんのブログで、アイララ本・番外編のような写真が公開されていた。写真をよく見たら、カバー絵が壁にかかっていて、やっぱりあの絵で正解だったと改めて思った。

新宿を知らない、その時代を知らない人にも楽しんでもらえる本にしようと努力したけど、うまくいっているかなあ、どうだろう…。

 

四谷シモンさんも紹介して下さっていて嬉しかった。

巻頭のカラー口絵に、四谷シモンさんの初期の名作人形「未来と過去のイヴ」シリーズの一体を掲載したのだけど、あまりにスケジュールがきつきつで、なかなか時間がとれず、結局、入稿する日の朝に撮影したものだ。

全部で12体あると聞いているのだけど、かつてシモンドールの写真集を撮っている篠山紀信さんが「僕も持っているけど、沢渡朔さんの持っている子が一番顔がいいから」と教えて下さった。


本に掲載したのは正面右からの写真なんだけど、逆側から撮ってみた写真は、まるで「男性」だったみたい。シモンさんが女装している写真と見比べてみたら、やっぱりシモンドールは、シモンさんご自身なんだなとつくづく思った。

 

昔、あの人形にタモリさんが扮したコント、テレビでやってたよ。
本を書くにあたってビデオで見たんだけど、今のお笑いには全然ない感じの超濃厚な面白さ。トークあり、コントあり、歌あり、ダンスあり、マジな芝居あり、バラエティ番組ってこんなに密度が濃くて全力だったんだな。

 


四谷シモンさん(左)と「未来と過去のイヴ」に扮したタモリさん(右)

日誌 | - | -

自己慰撫問題

日中、出歩いて帰宅すると、それだけで身体が自己慰撫一回り小さくなってるような気がするぐらい消耗する。
午後イチで、休暇に入って誰もいない出版社の編集部へ行って、スカイプのテレビ電話機能を使った取材。先月、別の仕事で、編集者がスカイプを駆使して北海道の方と繋いでくれたインタビューがうまくいったので、真似してみた。

 

ここのところ、ネトウヨを卒業した方の取材を続けているのだけど、そのお話を聞いていると、つくづく
「幅広く本を読んでいるかどうか」
「自分とは感覚の違う人とも話せる共同体があるかどうか」
ということが本当に重要なんだなと感じる。どちらもその人の感性の柔軟さに関わっていることのように思う。そもそも、

 

本を読めない→思考力がない→説明されても理解できない。

 

そうなると、空気で動かされてしまう、ブームに乗ってしまう、熱に浮かされてしまうという危険な悪循環にはまる。で、

 

誰かがバキッと解説して論破されそうになると…→思考力のなさによって抱えていた自己矛盾が露呈しそうになり…→自己崩壊の危機に直面するので…
無視して自己慰撫できる信仰心にすがるしかない!

 

というモードに突入してしまう。

この自己矛盾にぶち当たった時が、一番変化できて成長できる時なんだろうけど、考える前にまず「直視したくない!」というモードに入ってしまう硬直した脆さ。

いまの社会のままでは、自己慰撫に堕していく人がこれからもどんどん増えていくんだろうと改めて感じた。

日誌 | - | -

アイララ×金子國義限定Tシャツ(by編集部)

 

*****<編集部からのお知らせです>*****

 

 

アイララ50周年記念出版本
「AiLARA『ナジャ』と『アイララ』の半世紀」

のオリジナルTシャツが大好評でしたので、
(販売用は3枚しか用意していなかったのですが)

7月27日に再度販売いたします。

 

ただし完全受注生産です。

ご希望の方は、ご予約ご連絡くださいませ。(ご予約の締め切りは7月24日です)

https://ws.formzu.net/fgen/S8765564/

※アイララへお越しになれる方はその旨を、振込と発送をご希望の方は、サイズと枚数のほかに、お名前とご住所、お電話番号をお書き添え下さい。

サイズはメンズのS、M、L、XL、XXLから選べます。
フロントに、本のカバーデザインがプリントされています。

 

価格は8000円(税込み・送料別)です。

記念Tシャツなので、今後は発売しません。

写真は著者のもくれんさんがSサイズを着たところ。
大胆な柄ですが、着こなしやすいし・・

とにかく格好いい!!ですよね・・・♥︎

 

************(by 編集部)************

 

アイララ本、Amazonでのご購入はこちら。

http://amzn.asia/7qtyYDY

 

AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀
編著/アイララ&泉美木蘭 
発行/Echelle-1
四六判・336ページ・2000部限定で金子國義B3ポスター付

 

 

CONTENTS
●「ナジャ」「アイララ」を巡るインタビュー
宇野亞喜良 「ナジャの向かいには、ヌードスタジオがあって…」
田村セツコ 「セツコ・イン・ワンダーランド!」
タモリ 「アイララは僕の原点です」
田名網敬一 「ぶよぶよする足もとには、家畜人が寝ていた」
沢渡 朔 「アイララには、面白い人といい女がいっぱい」
椎根 和 「帰ろうとしたら、『あ、1人4万円だから!』って…」
黒川紀章について 「酒は飲めないけど、お店に通い続けた建築家・黒川紀章」

 

●「ナジャ」「アイララ」を巡る座談会
篠山紀信×岩トヨコ(写真家とヌードモデル)
浅葉克己×四谷シモン×吉田好男×岩トヨコ(ナジャ・アイララ常連仲間)
古田そのみ×岩トヨコ×泉美木蘭(アイララ女3人ぶっちゃけトーク)

 

●我が愛する「ナジャ」「アイララ」に、コメントを。
西田敏行 「ゴジとジュリーに出会った夜」
長谷川和彦 「GET UP!! STAND UP!! 『AiLARA』!」
福井 功 「刹那から刹那へ」
星 健一  「お岩と『ナジャ』と『アイララ』」
菅原光博 「『アイララ』とレゲエの神様ボブ・マーリー」

 

●懐かしの70年代 ナジャ&アイララ写真アルバム
赤塚不二夫/浅葉克己/金子國義/唐十郎/九条今日子/鞍馬しょう平/合田佐和子/沢田研二/澁澤龍彥/たこ八郎/田辺茂一/手塚治虫/野田秀樹/長谷川和彦/バロン吉元/村上龍/四谷シモン/吉田好男/ルイ・マル 他

 

●豪華カラー口絵
小説『ナジャ』のカバー絵と詩のコラージュ(瀧口修造からの贈り物)
金子國義 「La Fille Prodigue」1974年、油彩画
金子國義 「La seour 姉妹」1971年、コロタイプ
四谷シモン 「未来と過去のイブ」1973年
篠山紀信 「熱い肉体」1965年 モデル/岩トヨコ
映画「太陽を盗んだ男」ポスター デザイン/横尾忠則
ボブ・マーリーのライブ写真、1979年
ダンサー・Tanishq、Nourah、MILLA、Midori
AiLARAレコードコレクション
沢渡 朔 撮り下ろし、2018年
田名網敬一 「世界模型」2018年

 

●アイララの音楽とダンスと。
伊藤悦朗 「アイララ極私的レコードガイド」
関口義人 「ベリーダンスが燃え広がるBar AiLARAの夜」

 

●執筆作品に登場する「ナジャ」「アイララ」
吉行淳之介 「幻の女たち(酒中日記)」再掲載
赤塚不二夫 「新宿二丁目でSMロウソクショーなのだ」より抜粋
赤塚不二夫 『天才バカボン』より「恋の季節なのだ」再掲載
森永博志 『幻覚より奇なり』あとがき改稿

 


1960-70年代の著名人達が夜ごと集まった伝説のバー「ナジャ」「アイララ」を語る!
当時の写真や、アートなどを豊富に掲載! インタビューもたっぷり!

アイララに飾られていた金子國義1971年の作品を復刻したポスターが付録に!
付録としては、破格のB3サイズ!!

また、ナジャとアイララの常連客だった赤塚不二夫の大ヒット作「天才バカボン」や、吉行淳之介「幻の女たち(酒中日記)」も再掲載!

日誌 | - | -

新宿紀伊國屋書店は4階「現代美術」コーナー

のっけから、出版社と販売元さんが目を白黒させつつ発送作業を進めてくださっております新刊
「AiLARA 『ナジャ』と『アイララ』の半世紀」ですが、
Amazonご購入分は、初日にご注文された方には、今日から届きはじめているようです。

 

▽こちらから
http://amzn.asia/7qtyYDY

 

 

新宿紀伊國屋では、4階アートコーナー、「現代美術」の棚にありました。
書店で見ると、自分の著作のカバー絵に金子國義の作品が載ってるなんて、すごいなあってしみじみ思えてきた。

今度、金子先生と20年間暮らして、そして養子になり、喪主をつとめ、いま、すべての作品を管理している金子修くんの話を、じっくりと聞く約束しているんだ。
なかなかに凄まじい人生を送ってらっしゃる男子なのよ。
またなんらかの形で、面白いことができたら…いいなあ。

 

本の脚注などに使用するために、各所に貸し出していた私物の本やポスター、写真なんかが、どかすか戻ってきた。
貸してる間に、新しい本を買ったりしてしまって、書棚に戻る場所がないという。
こういったお薦めの良本のガイドにもなっているので、脚注も注目してくれたら、私の目の下のクマも報われて、ポッと桃色になるでしょう。

 

日誌 | - | -

ロバート・キャパのこと

今週配信のライジングは、『戦争写真家ロバート・キャパのこと』というタイトルで、20世紀最高の戦争写真家キャパの人生について触れました。巻頭記事です。

 

http://ch.nicovideo.jp/yoshirin/blomaga/ar1618354

 

以前の展覧会で、穏やかな顔でベッドに眠る恋人ゲルダを撮った、キャパのものすごく優しいまなざしの一枚を見て、戦場写真とのギャップにやたらと人間的な興味をそそられた記憶があります。

 

かるく補足しておきますと、
1944年6月6日、記事のなかで紹介した「ノルマンディー上陸作戦」に従軍し、銃弾の雨あられ、すぐそばでどんどん兵士が撃たれて死んでいく中で、自分も海に飛び込んで上陸しながら写真を撮影したキャパは、
ヘミングウェイと一緒にパリ市内に凱旋し、8月24日、ドイツ軍から解放された祝賀パレードの様子を撮影。その時の一枚も、とても有名だと思います。(東京都写真美術館の壁画にもなっています)

 

 

強制収容所に収容された父子の姿を描いた、ロベルト・ベニーニ監督の名画『ライフ・イズ・ビューティフル』(1997年・イタリア)で、父を虐殺されたものの生き残ったユダヤ人の息子が、兵士に抱きかかえられて戦車の上に座るラストシーンがありますが、キャパのこの写真から着想を得ているのではないかと思います。

 

キャパは、祝賀に沸くパリに残ることはなく、1945年3月24日には、アメリカ軍に従軍、今度は空から、ドイツ国内にパラシュートで降下。その様子も含めて写真を撮っていきました。

 

ベトナムで地雷を踏む直前までは、毎日新聞社の招待で6週間の予定で日本にいました。日本各地を撮った写真も多数あります。急きょインドシナ戦争の取材に行くことになり、予定を早めて飛び立ったキャパは41歳で戦場に散りました。

 

マグナム・フォトが、50枚ほど、キャパの作品をネットに公開しているので、興味のある方はご覧になってはいかがでしょうか。

 

https://pro.magnumphotos.com/C.aspx?VP3=CMS3&VF=MAGO31_10_VForm&ERID=24KL535353

 

マグナム・フォトは、ロバート・キャパが、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ジョージ・ロジャーなど名立たる写真家らとともに組織した国際的な写真家組織で、いまも報道写真の名手たちがジャーナリズムを牽引しています。

ちなみに私がはじめて買った大判写真集がアンリ・カルティエ=ブレッソンで、超超超大好きです。

日誌 | - | -