ネットと産経新聞は別世界だね

きのうはやることが多くて、合気道の稽古にも行けないまま深夜3時になって

しまい、1時間くらいしか眠れないままTOKYO MX「モーニングクロス」へ。
朝刊4紙をコピーしたものを貰ったんだけど、今日は全紙、
閉会中審査の加計学園問題。



朝日新聞 首相側近「記憶ない」連発
東京新聞 首相「1月に初めて計画知った」
毎日新聞 首相「認定当日知った」
読売新聞 加計へ便宜「指示せず」


朝日・東京・毎日は「えー、ウソでしょそれー」と不信感の募った発言が

見出しになってるけど、読売はちょっとトーンがちがうかな。
でも各紙一面がっつり使って、トップ記事で報じている。

で、家に帰ってきて、産経新聞の一面を見てみたらびっくりだよ。
一面トップ記事は…



産経新聞 重慶市トップ失脚

なんじゃいなー!?
閉会中審査の内容については、一面で全然ふれていなかった。

でも二番目の記事が、産経新聞とFNNの合同世論調査の結果報。
《内閣支持率急落34.7% 首相を「信頼」29%》
とのことだ。

フジは、昨夜のユアタイムでも、
「みんな前川さんが正しいという前提で見ているけど、本当にそうなのか?」

「言い間違いがあったぞ!」
という路線でネチネチ政権擁護をしていたけど、それでも世論調査すれば

こういう結果になる。
街の声を聞いても「信用できない」がほとんどだ。

だが、
産経新聞の阿比留瑠比氏によると、安倍は10年前の退陣で、
「自分は一度政治的に死んだ人間だ」と自称しており、
「どん底から自力ではい上がった安倍首相が、今回の支持率急落ぐらいで

闘志を失うことはない」のだそうだ。

・・・すごいね。

「政治手法でも漸進主義をとる首相は、焦らず時間をかけて取り組む覚悟

なのだろう」と。

どこが漸進主義なんだよなぁ。
岩盤規制だ、抵抗勢力だと言って、自慢のドリルで超急進的に、
というか…急ごしらえすぎる勢いでお友達専用の穴を開けてるのに。


今日は、加計学園問題について、
1)公務員獣医師に進路誘導するための待遇改善が必要であること、
2)私学と地方自治体の安易なもたれあいで失敗した事例のこと、
3)教育に「市場原理」を適用したら、自己利益が優先されて多様性が

失われてしまい、学問はやせ細ってしまうという話などをしたけど、
家に帰ってきたら、ネットの民たちからわんさか罵詈雑言が来ていた。
「獣医師会のまわし者のパヨク」だって。

ネットと産経新聞ってまったくの別世界だわ…。

 

日誌 | - | -

産経新聞とネット民と価値の平板化

うちは歩いて5秒ぐらいのところにコンビニがあるから、

とっている東京新聞以外にも用があれば気軽に他紙を買うんだけど、

産経新聞だけは一部110円なのに、お金を払うのが以上に悔しく

感じるという。

 

今朝、ライジングの記事を書きはじめようとする瞬間に、

小林よしのり先生から連絡があって、産経新聞の一面トップ、
獣医師会&石破茂批判がひどいというので、記事にもできそうだし、

さっそく買ってきて真面目に読もうとしたら・・・

 

なんかもう、なに?
最初の段落でいきなり吹き出して笑ってしまったよ…。
産経新聞って、一面トップで小説書いてるの?
明日配信のライジングでたっぷりツッコミ入れているので、どうぞ
お読みください。

なかほどの『視線』というコーナーでは、阿比留瑠比氏が、
先日の閉会中審査での加戸守行前愛媛県知事の演説を「白眉」と
持ち上げ、在京各紙の翌朝刊で加戸氏の発言の扱いが小さかった
ことを不満げに書いていた。
「ただでさえマスゴミと呼ばれるようになって久しいマスコミは
今後、いよいよ信用を失い、軽蔑の対象となっていくのだろう」


どうなんですかね。

 


私なんかは、加戸氏が出てきたのを見て、まず、
「なんでこの人、この猛暑にマフラーしてるわけ!?」
と驚愕したあとは、(※今治タオルらしい。地元愛なんだね)


ただ延々と獣医学部誘致のための売り込み文句を聞かされている
ような気分になったし、
誘致の願望が強烈だったことはわかっても、それが公平で公益に
叶ったものなのかという視点は欠落していると思った。
京都産業大学が断念せざるを得なかった理由にもなっておらず、
なるほど、老紳士の皮をかぶった安倍晋三なんだなと思った。

切々とした話しぶり、「いろいろわかっておられるご高齢の方」
という雰囲気を醸し出す様子から、まるでキーパーソンがついに
沈黙を破ったかのように勘違いして騙された人は多いんだろう。

 


そしてどうやらSNSなんかでは、産経・阿比留的な見方をする人が
多いらしい。なぜ大きく取り扱わないのか、と。
うーん、しかし阿比留氏の言い分って、いかにもネットと親和性が
ありそうだなって感じだ。

ネットはどんな意見も価値基準なく、平板に垂れ流されている世界だ。
「メディアが報じない真実!」みたいな煽り文句で、

リテラシーのない人達を煽ってPVを稼いで金儲けをする人間が跋扈

している状態だし、
本来ボツになるような書き込みでも、同じボツの目線に拾われて、
同意され、まるで市民権を得たかのように錯覚してしまう。

そこに、「民主主義とはなんだ!」が変に融合して、
なんでも等しく同じ分量だけ報じるのが正義であり、
報じない部分があるのは不誠実で信用ならないという言説を信じ込む
のかもしれない。

しかし、等しく同じ分量だけ報じることがメディアの役割なのか?
必要なのは、権力の監視であり、公益・公論のための言説だろう。
そのために「公」の価値基準から、取り扱う記事の優先順位が決まる
のも当然だと思う。

けれどこの頃は、テレビを見ていても、誰かが発言した後に、必ず
「ーーという、あくまでも、〇〇さんのご意見ですね」
というようなフォローが入って、
せっかく公論を語ってくれている人がいても、
すべて「自論のひとつ」に平板化されてしまう。

どうなんですかね。

いつから、平らな世界を目指しているのか?
すごく病んでいるんじゃないかと感じる。

 

日誌 | - | -

頑丈な祖母

昼間ずっとクーラーの効いた事務所で仕事していたら、
夕方になって具合が悪くなってきて、こめかみが圧迫されるような
不快な頭痛がまだつづいている。
自分の部屋にいるときは「29℃の弱冷房」か「除湿モード」しか
使ってないから体が合わないんだな。
快適な室温って大事だよね。
「夏は24℃だ!」みたいな人とは付き合えないもん。
もしも私が婚活するなら、年収とか趣味とかのほかに「室温設定」
を知りたいよね。

 


ところで。
森友学園問題が噴出していたころ、
うちの実家では、92歳の祖母が自転車でイオンへ行く途中、車に
ひかれて大腿骨を骨折して入院してしまっていたんだけど、
無事に退院して落ち着き、また一人暮らしをはじめた。
92歳で大腿骨が折れても無事に退院できるって、頑丈すぎる。
救急車で運ばれたときは、病院の先生が
「じ、自転車に乗ってたんかいな!?」
と驚愕してたらしい。

一般的には「高齢者が足を骨折して入院」って、もうそのまま…
っていうイメージがあるけど、うちの祖母の場合、85歳ぐらいの時
にも自転車で転んで大腿骨を折って、でも復活して、その後グアム
だかサイパンだかでサングラスかけてバナナボートに乗って記念写真
撮って返ってきたという経歴があるんだよね。

前回のときは、「こんなとこにおったらボケるわ!」と言い出して、
勝手に退院(脱走)して自宅でお茶を飲んでいるところを発見され
たんだけど、今回もやっぱり脱走して大変だった。
「同部屋が寝込んだ年寄りばっかりで辛気臭い」
って文句たらたらだったらしい。

手術後、まだ回復できるかどうかわからなくて、車椅子になるかも
しれないねと話していた時期は、さすがに不安になったらしくて、
「安倍昭恵さんがお見舞いにやってきたのよ!」
と言い出したりした。いよいよボケたのでは…と思ったんだけども、
それも入院中の不安な一時期のみで、すっかりシャキシャキしている
ようだから、よかった。
もちろん、自分の足ですたすた歩いている。

退院するときは、「自転車で帰る!」と言いだした。
さすがにそれは許可しなかったみたいだけど、そのうち乗り回すん
じゃないだろか。
母親が、たびたび買い物へ連れて行くんだけど、冷蔵庫をのぞくと、
それ以外に勝手にあちこち一人で買い出しに出ているようだ。


「殺しても死なない人っているよな…たぶん、干支がもう一周する
とおもうわ…」

母のコメント。






 

日誌 | - | -

きょうのいろいろ

ある小説家の先生の取材で、昼間、某大学を訪れたのだけど・・・。

 

若いって、ハツラツって、すごいよね。
猛暑のなか、こちらは汗だくでドロドロに溶けて、パソコン担いで
「肩と背中が痛いわあ…」
とか思いながら、あご突き出し気味でキャンパスをさまよったんだ
けど、そこかしこに、汗をかいても爽やかで、ぴっちぴちのままの
大学生
がいっぱい。
なんか、みんな、汗が、蓮の葉に落ちた水滴のように、ぷりっと
輝く玉のようになってる
んだよ。
茶髪も黒髪もパーマも、そよ風になびいてツヤツヤ健康的。
こちらは寝不足で細った髪が湿気吸って、もわ…もわ…。
10代、20代とともに並んで立ってはいけないと思ったわ。

 

お会いした先生とは、20年ぶり。
大学時代に文芸の講義を受けていた先生だった。
お変わりなく、かっこよかった。
当時も大人気の先生で、ほかの大学から潜り込んで授業を聞きに
来る学生がいっぱいで、席をとるのが大変だったな。

 

ほかの媒体の記事なのであまり詳しく書けないけど、
このごろは、ネットで検索して見つけたような、
「パッケージ化されたセンテンス」を繋いだものが「文章」だと
思っている人があまりに多いという話が印象的だった。
自力でオリジナルの文章を書ける人があまりに減った、と。
まるで、コンビニの食べ物しか食べたことがないように、素材を
自分で料理することを知らない、と。

 

たしかに、このごろ特にネット媒体の記事って、
読んでいてリズム感が狂う、つまづくような文章が多いもんな。
自称ライターに書かせたもので、職人の仕事じゃないなと思う。
あと、熱がなかったり。
これ「書きたい」と思って書いてないだろ、という。

 

「思想」とか「イデオロギー」と言われるものにも似たことが
言えると思う。
お仕着せの、パッケージ化された、具合のいいものを摂取して、
なんとなくお腹を満たしているだけのコンビニ脳。
もはやイデオロギーとも言えない、ただの「落書き脳」。
それは「落書き」に失礼か。落書きって創造的だから。

 

三浦瑠麗さんがゴー宣道場にゲストでいらしたとき、
自称保守のことを「インスタントラーメンみたいな保守」
表現されていて、うまいこと言うなあと面白く聞いていたけど、
昨今の権力擁護の三浦さんの言論を読み聞きするにつれ、
まるでインスタントラーメン化しているじゃない…と思ってしまう。

 

そして、そういうインスタント製品を礼賛する人たちに支持されて
お腹を満たしているのがうちの国の首相なんだからなあ…。
そりゃ、お腹弱いよね。胆力もないしさ。

日誌 | - | -

「よしりん・もくれんのオドレら正気か?」

7月5日放送の「よしりん・もくれんのオドレら正気か?」《前半》

4年間つづいた番組名が突如豹変して(!)の初回放送、無料開放されています。

しかしさ、わたし、これからずーっと、このタイトルコール、せなあかんのかな…。

 

出演:小林よしのり(漫画家)・泉美木蘭(作家)

日誌 | - | -

安倍政権擁護の限界

バイアグラを両手に持ちながら
「夫はこれを飲んで女性とセックスをしまくっているんです!
10時間近くの勃起があるそうです!」
と訴えている松居一代の動画が強烈すぎて・・・
23分もある動画を思わず最後まで見てしまった午後です。


安倍首相を擁護する論客の言い分、いろいろ読んだけど、
呆れてしまうね。国民が完全に安倍のウソ・ごまかし・逃げを
見抜いているのに、いまだに安倍側の視点でしか語らない。
安倍政権は盤石だ、とか。

日本外国特派員協会で記者会見をした百田尚樹は、
都議選演説での「こんな人たちに負けるわけにはいかない」
という国民蔑視発言について問われて、

「私ならもっと汚い言葉で罵っています」

などと答え、

ほとんどが安倍総理を応援したいという人で埋まっていて、
反対派は一部の一角だけ。テレビは
全体を写さずに、その一角を
クローズアップして放送した。非常に汚い報道のやり方」


と、初期の籠池のおっちゃんみたいなことを言っている。
しかも、演説の現場にいたという記者会見の参加者から、
安倍総理への批判は全方位から飛んでいたし、正当な批判だった、
百田さんは現場にいたのかと聞かれると、

「行ってない」

と。
百田さん、安倍さんの
足引っ張ってるよ…。
大好きなのはわかるけど、擁護すればするほど、国民は白い眼で
見る状態だと思う。

そんな話も、今夜の生放送で語りましょう。夜9時スタートです。




視聴・タイムシフト予約はこちら!
 

日誌 | - | -

自民党、大惨敗。

おめでとう!
自民党過去最低下回る、だって。

秋葉原で安倍首相が街頭演説したときの、
「安倍辞めろ」コールの映像がすごかったね。
安倍首相は、コールする街頭の人々を指さして、
「こんな人たちに負けるわけにはいかない!」
なんてすごい言い方していたけど。

まともな人はやっぱり見てますよ。
自民党の腐敗、堕落、隠ぺい体質。
信用できないものね。

しかし下村博文氏の敗戦の言いぐさってひどいね。
闇パー券問題は選挙妨害だった、被害届を出す、とか。
情けない。
都民は騙されないんだよ。

日誌 | - | -

したが。したがー。

実は、火曜日の生放送の直前に、よしりん先生とみなぼんと、
レストランでお食事をいただいたのですが、その時、
お肉と一緒にうっかり自分の舌を思い切り噛んでしまい、
舌の左側に穴が開きました。

舌ってこんなことになるんだあああ! って感じだよ。
犬歯の形に。三角形に。コリッと。新鮮な音だった。

チョーーーゼツに痛かったけど、ナイフとフォークを持って、
やたら乙女チックなファッションで、美味しくお料理を囲んで
いるのに
「舌噛んだー舌噛んだーやばい、やばいよ、これは痛すぎる」
なんて言えないし、まさか穴が開いたとは思ってなかったから、
その時は黙ってて、氷を口に入れて冷やしたり、
本当はタルトが食べたいのに、噛まなくて良さそうなデザート
を注文したりして、ひとりひっそりと乗り越えてたんだけど。

そうして私は、
舌に穴が開いたままニコニコ生放送に出て、
舌に穴が開いたままテレビに出て、
正直、安倍首相のドリルが岩盤規制に開けた風穴のことより、
自分の舌に開いた穴のほうが気になってしょうがない状態で
こんにちに至るわけですが、

この穴が今朝からもりもり再生されて、新たな痛さ!
冷やしうどんが痛い。歌舞伎揚げなんかもっと痛い。
ハッピーターンはもはや敵。アイスクリームはちょっとまし。
まあね。なにごとも再生には痛みを伴うそうだから。
開いた穴がふさがらず、蛇にピアスみたいになるより良いし。

はああ…しかし、以前、ゴー宣道場で、
「自分がイスラム国に拉致されて人質になったらどうするか?」
という話になったとき、私は、「舌を噛んで自決する」と言って
失笑されたんですが、実際、舌噛んだら穴開いただけでした。

いたた…

日誌 | - | -

真ん中の位置にもどす力

このごろ夜ふかし気味だったので、昨夜はうまく寝付けないまま
朝4時になってしまい、起きてMXに行くことになってしまった。

7時から「モーニングCROSS」。

 


「《決められる政治》《忖度》《テロ等準備罪》というミスリード」

などについて話した。

よく、

「そもそも選挙で選ばれた議員が議席を占めているんだから、強行採決と

いうものは存在しない」「野党の採決妨害なんだ」

という言説があるけど、やっぱり「結論ありき」で「決める」ことしか

考えず、議論をすっ飛ばして数の力で押し通すこと、それは「強行採決」

と言うべきだと思う。
・・・と、しゃべりながら再認識した。

 

「決められない政治」から「決められる政治」をのぞんだことで、結果、

「議論せずに勝手に決める政治」になってしまったんだから。

 


明らかに総理や総理夫人の「命令・関与」があったとしか思えず、
みんなが「必死で隠ぺいしているなあ」と最初は思っていたのに、
いつのまにか「忖度」という言葉が注目を浴びてブームになる。

そして、
「良い忖度、悪い忖度がある、日本社会はどこにでも忖度がある」
などと言われると、
「そういやうちの会社もそういうところある…」
「どこの誰もが忖度してるし、悪いこととも言えないな…」

とごまかされてしまう。

一見「そう言われればそうかもしれない」と思わされる詭弁や、
屁理屈のたぐい、“斜め上から目線”のものの言い方があまりにも
氾濫していると思う。
そういった言説にごまかされず、堂々と真ん中の位置にもどす力、

すごく当たり前のことを指摘する力が、これからますます必要に

なるんじゃないかなと思う。

今日は16時45分から、前川さんの記者会見があるそうだ。

日誌 | - | -

明日はMXモーニングクロス

きのうの「裸の王様」のブログがやたらと評判よかったみたいで、
なんだかホームラン打っちゃったような気分だよー。
野球やったことないしホームラン打ったことないけど。

明日は朝7時からTOKYOMX「モーニングクロス」に出ます。
これまでに世間に流れた「ミスリード用語」について解説するよ。
「テロ等準備罪」「いい忖度わるい忖度」「決められる政治」。
どうごまかされたのか検証しておきたいと思います。

 


しかし、いまはじめて知ったけど、自民党の豊田真由子議員の
凶暴すぎる暴言音声、もう聞いた?
「このハゲええええ!」「バカかお前はああああ!」って・・・。

「鉄パイプでお前の頭を砕いてやろうか!」とか言ってたって?
安倍チルドレンって、ほんととんでもないわ。
すごいねえええ。

初当選、2012年なんだな、この人。

「安倍バブル」で当選した議員は116人いて、その中には問題児が
いっぱいいて「2012年問題」なんて言われていたよね。

昔ブログに書いたやつをそのまま貼っておくけど、「2012年組」、
有名どころラインナップは――


・育休ゲス不倫&LINE一日400回《私のど真ん中はソナタ》の宮崎謙介(35)
・未公開株トラブル&議員宿舎で未成年男性買春の武藤貴也(36)
・不倫路チュー&入院先の病室で喫煙の中川郁子(57)
・「マスコミを懲らしめるには広告収入をなくすのが一番」の大西英男(69)
・その大西に同調して一緒に怒られた井上貴博(53)
・共産党の志位委員長に「さすがテロ政党!」とヤジを飛ばした山田賢司(49)
・百田尚樹の「沖縄の2紙は潰したほうがいい」発言を擁護した白須賀貴樹(40)


そして新たに加わる

・「鉄パイプでお前の頭を砕いてやろうか」凶暴すぎる女・豊田真由子(42)。


やばいよ、まったく〜。

日誌 | - | -