つれづれ日記

今日の日記。

 

その一
写真家の森山大道さんが、私の父の生まれ故郷である、
島根県のものすごく小さくてマイナーな村の写真集を
出していて、非常に驚いた。
1987年の夏撮影、まさに私が遊びに行っていた時期のもので、
思いっきり父の実家や、寺の外壁が映り込んでいるし、
近所の人しか歩かない裏道から、海辺までの道などが
あのモノクロの世界観で作品化されていて超仰天した。

 

1987年は、夏休みの自由研究のために、父と一緒に島根県と
三重県の海辺〜川辺の砂を拾って、顕微鏡で観察した年なんだ
けど、その砂を拾った場所まで写真になっていて、
見ていたら泣けてきた。
島根県のその村は、大昔にタタラ製鉄をやっていて、鉄を川で
運んでいた地域だから、海辺も川辺も砂鉄が混じっているという
特徴があったんだよ。

それが、ヤマタノオロチ伝説の赤い血の川のイメージにもつながって
私の頭のなかにずっとあった。ヤマタノオロチの尻尾から、
草薙剣が出て来たというのは、製鉄の風景から生まれた物語なの
だろうと私は思ってる。

 

森山大道って大阪の人だと思っていたけど、
どうやらお父様はその村に生まれ育った方で、
自身も子供時代はそこで過ごしていたらしい。
写真から、森山家と泉家はお墓まで同じ敷地とわかった。
これ、一年早く入手してたら、父に見せられたのになあ。
ものすごく感激しただろうに。
父は押し入れを暗室にするぐらい写真が好きだった。

 

 

その二
1961年にほんの一瞬公開されたきりだったフランスの映画
「金色の眼の女」がDVDで復刻されたということで、見た。
そんな大昔のモノクロ映画を観てもどうかなあと思ったけど、
美しくて仰天してしまった。

序盤、意味がわからなくて全くどうしようか怯んだものの、
主役のマリー・ラフォレの旦那が撮ってる映画というのもあり、
とにかくマリー・ラフォレを美しく魅せるための作品になって

いて、さらにどのシーンも完璧なまでに美が追究されていて、

構図もかっこいいので夢中になってしまった。
早送り、コマ送りしても、偶然画面に出たシーンがすべて
そのまま絵になるという。
自分は耽美主義の映画がけっこう好きなんだなとわかった。
マリー・ラフォレは、「太陽がいっぱい」でアラン・ドロン
の相手役をしてた女性だ。憂鬱で不機嫌な役が合っていた。

 

その三
カラー写真の草分け的な写真家、ソール・ライターの作品に、

白い雪道を、赤い傘を差した人が歩く有名な一枚があるのだけど、

 

 

私はずっとあの一枚は、「シェルブールの雨傘」の冒頭のシーン
から影響を受けたんだろうと思い込んでいた。
そしたら、今日になって、ライターの写真がなんと1950年撮影で、
「シェルブール」より15年も早かったとはじめて気が付いた。
どんだけセンスがよかったんだろう。

 

過去のことでいろいろ仰天した一日だった。

いまは門下生チャンネルの「ドキドキ男女論!」を聞いてる。
おもしろい。

日誌 | - | -

幻冬舎plus連載「詐欺に騙されやすい人」

オレオレ詐欺や振り込め詐欺は、高齢者が被害に遭っているけど
実は、マルチ商法の被害相談は20代が突出しているそうです。
そういえば、私も……

 

というわけで、私自身が騙されていった体験を振り返りつつ、
「騙され、踊らされる人」の考察をはじめてみました。

 

幻冬舎plus連載
「オオカミ少女に気をつけろ! 〜欲望と世論とフェイクニュース」
詐欺に騙されやすい人=デマに踊らされがちな人?
https://www.gentosha.jp/article/12926/

日誌 | - | -

徒然草

高森明勅先生との動画番組「徒然草 気まま読み」の収録が、
毎回とても楽しくなってきている。
「古事記」もそうだったけど、古典は、中学生、高校生の頃に
読んだ時の解釈が、さらに深まってくるから面白いよね。
読めば読むほど味が出る、スルメみたいな本だ。

 

子どもの頃は兼好法師を「大昔のすごい坊さま」と思っていたけど、
こんなに悟りきれてない人間味のある人だったのか、とか、
そこまでの深い洞察が隠されていたのか、とか、
兼好、アンタ一体どんな目に遭ってきたのよ(女から)、とか、
大人になったから感じるものがいろいろある。
時代背景がわかると、ようやく意味がわかるものもあるし。

 

高校一年生、橋本治の『絵本 徒然草』を買って読んだなあ、
あれ、どうしたのかなあと捜索したら、ちゃんと東京まで
持ってきていて、引っ越しのたびの処分をくぐりぬけ、
いまの家の本棚に入ってた。

 

そこで、ひたすら闇のような疑問だけが残った

「栗ばかり食べる娘」(『徒然草 気まま読み』#22)

について、橋本治はどんな解釈をしていたんだっけ、
と久しぶりに読み返してみたら、

 

スナック菓子ばっかり食べてご飯を食べないように、
栗ばっかり食べるようなアブノーマルな娘は、
なにも現代になって出てきたのではなく、昔からいて、
つまり、昔も今もヘンなやつはいて、人間というのは、
そのヘンなやつの話が好きなんだ、

 

・・・ということだった。な、投げやりな。

 

ヘンな娘でも、親の欲目で、良いように解釈して、
公然と嫁に出す親が多い中、きっぱりと
「こんなヘンな娘はアカン!」と考えた入道は、
筋が通ってる、とも解釈されていて、
若干投げやりだけど、なるほど、と思えた。

 

部屋中に栗の殻を食い散らかした十二単の娘の
イラストは、怖かった。
確かにこんなホラーな娘を、平然と嫁に出したらアカン。

 

ちなみに、収録で使っているのは、
角川ソフィア文庫の「徒然草」(小川剛生訳注)です。

 

徒然草 気まま読み#25
「親しき人を見直す」


視聴はこちら!

日誌 | - | -

平成の「大人になったらなりたいもの」

朝刊をめくっていたら、データで見る平成というコーナーに
子どもが憧れる職業にも時代が反映されているという紹介が
あった。

  

「大人になったらなりたいもの」

  

【平成元年・男の子】
1位 野球選手
2位 警察官・刑事
3位 おもちゃ屋さん

  

【平成30年・男の子】
1位 サッカー選手
2位 野球選手
3位 学者・博士

  

【平成元年・女の子】
1位 保育園・幼稚園の先生
2位 お菓子屋さん
3位 学校の先生・看護師さん

  

【平成30年・女の子】
1位 食べ物やさん
2位 保育園・幼稚園の先生
3位 看護師さん

  

やっぱり、男の子はスポーツ選手に憧れるんだな。
野球からサッカーへというのは、確かに平成の現象だね。
私は子供の頃、お茶の間で野球中継が流れていた世代で、
現在は、目下10連敗中のベイスターズに落胆してますが。

  

平成30年の男の子の調査に「学者・博士」が入っているのは
ちょっと驚いた。
医学、化学分野で、次々と日本人のノーベル賞受賞者が出て、
注目されている影響かな?
iPS細胞の山中伸弥教授のようにメディアで活躍する博士も
いるから、憧れるんだろう。たしかにかっこいいもんね。

  

そして、女の子は食べ物やさん、保育園の先生、看護師さんと
やっぱり「女の子らしい」仕事に憧れるよなあと思った。
私も、小学校に入ると「ほんをかく人になる」と言って、
父親に「ご飯が食べられなくなるからやめときなさい」と
たしなめられていたけど、
幼稚園の頃は「ケーキやさん」「ピアノのせんせい」と言ってた
みたいだしね。

   

東京大学入学式の祝辞で話題になった上野千鶴子氏の考え方で行けば、

これは「性差別の結果」ということになるけど…

 
でも、なでしこジャパンのように女子サッカーが注目されても、
やっぱり女の子は、日常的には料理やスイーツなんかに興味を
ひかれやすい傾向があるんじゃないかなと思うし、
人形を抱っこして「いいこ、いいこ」するのが好きなように、
人を世話してあげたいという気持ちを自然と持つのも、
女の子ならではの特徴なんじゃないかなあ。

   

   

同じ記事で、平成30年間のCDの生産がまとめられていて、

  
「ダイヤモンド/プリンセス・プリンセス」
「おどるポンポコリン/BBクイーンズ」
「ラブストーリーは突然に/小田和正」
「君がいるだけで/米米クラブ」

  
って、いや〜平成初期がすでに懐かしいよ。

  

近頃、平成の名盤を掘り出してどんどん部屋でかけていて、今は、
ひょんなきっかけで「これやっぱりいいよね」と聞かされた、

テイ・トウワのデビューアルバム(平成7年)を鬼のように
聞きまくっている。

 

「Luv connection」
「Technova」


この2曲のお洒落感は24年も経ってるのに際立ってるわ。
クラブ世代の名曲。

 

日誌 | - | -

幻冬舎plus「私が認めない私は私ではない症候群」

幻冬舎plusでの連載「オオカミ少女に気をつけろ!」

 

いよいよ大変なことになって参りました。
インスタグラムに写真をばんばん掲載して、
当時働いていた店の営業宣伝をしていた私は、
お客さんが勝手に撮って載せた自分の写真を見て、

「なんでこんな顔載せるの……」
「私にはもっと実力出せる顔の角度があるのに……」

変なスパイラルに。

そしてついに手を染める――禁断の「自撮り」に!

 

インスタの魔力は蜜の味〔後編〕
私が認めない私は私ではない症候群
https://www.gentosha.jp/article/12830/

(※今回のインスタはすべて当時の再現です)

日誌 | - | -

中を見てしまうと・・

昨日の生放送の中で、小林先生が資料としてお持ちになった
白川静「字統」のコピーを見た瞬間に、
(うわあ、これ私も欲しいなあ……)
と思ったんだけど、
「令」という文字が、神官が礼帽をかぶってひざまずき、
神意を承けるという様子から派生して、
「鈴」という文字には、神を降ろして神を送る時の楽器
という意味があるということが書かれているのを読んで、
ますます発情してしまって、
帰りの電車のなかで、
いつも画集や写真集を買っている、大型本に強い古書店の
サイトで「字統」の在庫検索をかけたら、
本体価格6,000円のと18,000円のが両方あったので、
分厚いほうが面白そうだと思って、18,000円版のほうで
注文入れちゃった。

 

ブログで「『令和』の『令』という文字は、字統によれば…」

と解説を読んでいるときは、へえ、そうかと思うだけだったけど、
ああやって中を見せられちゃうとダメよね。
私にとっては、洋服を試着したり、野菜皮むき器の実演販売に
取り込まれるのと同じだから。

 

 

日誌 | - | -

「マックイーン:モードの反逆児」

朝から銀座へ、仕事して、映画館で
マックイーン:モードの反逆児」を見て来た。

 

アレキサンダー・マックイーンは私が一番大好きだった
イギリスのファッションデザイナーだけど、
こんな凄い天才の作品を同時代で見られるのかと思っていたら
人気超絶頂のど真ん中で40歳で自殺してしまって、
あんなに驚いたことはなかった。

 

ショーがとにかく超絶にぶっ飛んでいたんだよね。
「きれい」ではなくて、
破壊的でグロテスクで現実的、激しく壮絶に美しい。
そして、ただただクレイジーかと思ったら、
英国のテーラーで伝統的な紳士服の針子として下積みしていたから、
人の体の仕組みを把握したしっかりした服を縫う技術を持つという
職人的な芸術家だった。

 

トリビュート映像
https://www.youtube.com/watch?v=xdUR6-J5XQw&t=10s

 

ショーでは、ギョッとするようなすごい表現とともに、
なにしろ服が、裾や皺の動きまで全部計算されているのではと
思うほど美しい動きをするので、魅了されてしまう。

 

映画の内容は、自分が持っているマックイーンのDVDや作品集、
これまでに見たショーの映像とはあまり変わらなかったけど、
家族やプライベートな仲間のインタビューがたっぷりあって、
マックイーンの素顔や発想のきっかけなどがわかって楽しめた。

 

才能は大爆発するんだけど、クレイジーすぎて人間的な問題が
どんどん出て来るのも、とても納得。
後半の死が近づいてくると、大成功して巨万の富を得つつ、
大勢のスタッフの人生を抱えて、仕事に縛りつけられていく、
でも、えぐり出すデザインとショーは圧倒的に美しいという、
天才の孤独と苦悶の様子にずっとほろほろ泣いてしまった。

 

いまでも好きでたまに見たりする
「The Horn of Plenty」(2009-2010AW) というショーは、
こりゃ相当頭がイカレてきてるな…と思って見ていたけど、
やっぱり最期のひとつ前の状態でもあって、正気の沙汰でない
状態で作っていたようだ。

 

「ジバンシー」のデザイナーに就任したときは、
パリの伝統的なブランドらしく、ほとんど王様扱いされて
「ムッシュ…」なんてかしずかれるのだけど、
本人はそんな権威などまったくどうでもいい様子で、
クレイジーで子どもみたいなマックイーンのままだったという話
はかなり面白かった。

 

自分の先祖であるスコットランド人が、かつてイングランドから
侵略・強姦・虐殺の悲劇に見舞われたと知ったマックイーンは、
「ハイランド・レイプ」というタイトルで、
レイプされて引き裂かれたようにデザインした服を、エイリアン
のようなおどろおどろしい風貌で、ふらふらと歩いてポーズを
決める女性モデルたちに着せて発表し、
「女性蔑視だ!」と総叩きにあったのだけど、

 

僕はみんなが無視して包み隠してきた現実を表現しただけだ、
僕の服を着た女性は、被害者ではなく、強くて恐れられる存在
でもあってほしい、
僕のショーで、日曜日のランチを楽しむような気分にはなって
欲しくない。会場を出るときは、ふわふわした気分なるか、
嫌悪感を持つかどちらかだ、
という風に言っていたのは、とても印象に残った。

 

彼の服を着たモデルの女性の言葉も印象に残る。
「女らしい気分にもなるけど、同時に『なめんなよ!』とも思う」

 

ほかにもいろいろ映画のためにわざわざ作ったオブジェを
使った映像がすごくかっこ良かったし、
字幕が早くて見落としてるから、DVDが出たら買いたいわ。

日誌 | - | -

幻冬舎plus連載「インスタの魔力は蜜の味〔前編〕」

 あさ

 

 あさつゆ

 

 ぴたん

 

 おはよう

 

 ひる

 

 よる

 

さる


幻冬舎plusで連載中の「オオカミ少女に気をつけろ!」、
今回から、「インスタグラム」にハマる編、開始。
原稿書くにあたって過去の写真データを探したら、
朝4時の歩道橋から夜の原宿、動物園の猿まで、
ものすごい枚数を毎月撮っていてびっくりした。
最近あまり写真撮りに行ってないなあ。

 

さて、自作の大判カメラを作ったことがあるほど
アナログ作業が好きな私だったのに、

スマホにインスタグラムを入れたら・・・

いとも簡単にはまっちゃって・・・

そして・・・

 

インスタの魔力は蜜の味〔前編〕
https://www.gentosha.jp/article/12689/

 

ちなみにこのブログの写真は、インスタじゃなくて
まじめにカメラで撮ったやつのトリミングだよ。

日誌 | - | -